logo

「マイニングではなく、仮想通貨を狙うウイルス登場も時間の問題」

Doctor Web Pacificは吉政忠志氏のDr.Webアンチウイルスコラムの最新号をマイナビにて公開しました。

「マイニングではなく、仮想通貨を狙うウイルス登場も時間の問題」

興味がある方はご覧ください。

###
Dr.Webは2017年6月、仮想通貨をマイニング(採掘)するマルウェア「Linux.MulDrop.14」を発見しました。「仮想通貨のウイルス」と聞くと、感染したPCで仮想通貨が抜き取られたり、勝手に売買されたり、仮想通貨を人質に取ったりするランサムウェアのように思われがちですが、実はそうではありません。

今回発見されたウイルスは。どこかの誰かの仮想通貨のマイニングのために自分のマシンパワーが勝手に使われてしまうというウイルスになります。

こう書くと、仮想通貨を取引している人も安心してしまうかもしれません。しかしながら、仮想通貨の利用者数は年々増加しており、2017年3月にはユーザー数が500万人を超えており、2024年には2億人を超えるといわれております。気づかれている方も多いと思いますが、ウイルスはコンピューターデバイスがあるところならどこでも狙うことができ、母数が多いカテゴリは必ず狙われます。

(この続きは以下をご覧ください)
興味がある方はご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]