logo

訪日客のタビナカの”探す”を簡単に楽しくする 旅行・おでかけ検索エンジン『Liigo』サービス開始

株式会社リーゴ 2018年02月22日 09時00分
From DreamNews

株式会社リーゴ(東京都港区、代表取締役:宮本秀範)は2018年2月22日、旅行先情報に特化した旅行・おでかけ検索エンジン『Liigo』をサービス開始する。

『Liigo』は、旅行先の観光情報・ツアー・アクティビティ・レストラン・タクシー配車/ライドシェア/シェアサイクル・荷物預かりなど、旅行先の情報取得に利用するサイト/アプリを一つに取集し、ユーザー好みのコンテンツを手軽に探せることを目指したプラットフォームサイトだ。自らツアー造成することはなく、APIによって様々なサイト/アプリと連携し、デザイン・AIの追求によってそれらを解決していく。また、後に決済機能も導入し、Liigo一つで探すから体験までの一連の流れができるようになることを目指している。

まずは訪日観光客をターゲットとし、日本各地の魅力ある体験を検索・比較するサービスを提供する。
数ヶ月間は提携先9社中心にツアー・アクティビティ・レストランサイト/アプリとのコンテンツ連携・デザイン・機能の開発強化に努め、その後、観光情報や交通などのサイト/アプリとも連携強化を図るとともに、日本人国内旅行者、国内で休日プランを考える利用者向けのサイト/アプリコンテンツとの連携を図っていく。

株式会社リーゴは2017年2月22日に創業したTech系スタートアップだ。
API×デザイン×AIを軸に、グローバルに人々の人生の転機をサポートする事を目標とし、来年以降、海外進出を図る。

旅行・おでかけ検索エンジン Liigo:リンク
資料提供など株式会社リーゴへのお問合せ:リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]