logo

Kii、IoTソリューション「Asset Monitoring」とサイレックス社ゲートウェイ製品「LB-100AN」「GW-100」「GW-100AN」を活用した、医療・産業向けIoTシステムで協業

Kii株式会社 2018年02月20日 15時01分
From PR TIMES

Kii株式会社 (本社: 東京都港区 代表取締役社長:鈴木尚志 以下、Kii) は、米国及びインドにおいて先行提供し実績をあげているIoTソリューション 「 Asset Monitoring 」を日本市場において提供開始し、あわせてサイレックス・テクノロジー株式会社 (本社: 京都府精華町 代表取締役社長: 河野剛士 以下、サイレックス) と、産業・医療分野における、ゲートウェイ製品を活用したIoTシステム分野で協業することを発表いたします。


Kii社「Asset Monitoring」は、日本企業が開発し、特にIoTの取り組みに積極的な米国及びインド等を中心に、大規模農場での肥料タンク、ピザの自動販売機管理、低温輸送、電力メータ遠隔検針、充電池の保守等々、海外で多数の案件で実績を重ねています。

今回、このソリューションを日本市場に展開すると共に、一般IoTシステムにおいて機器とクラウドに必須となるエッジやゲートウェイ等のコネクティビティ装置においてサイレックスと協業いたします。

この協業により、クラウド開発を得意とするKiiと、エッジ・ゲートウェイ等のコネクティビティを得意とするサイレックスが組むことで、お客さまが抱えている課題により適した形へサービスを迅速に進化させることが可能となり、協業を通じて、IoTの中でも最も注目を集めている工場機器や医療機器の分野で市場開拓を図って参ります。

Asset Monitoringとは
Kiiが自社のIoTプラットフォーム上に自ら構築したIoTソリューションで、収集データの他社ツールやサードパーティによる活用の容易さ、柔軟かつ堅固な権限設定、対応可能な通信規格やデータ種別の多さが特徴であり、カスタマイズ性や双方向性にも優れています。

[データを集める]
業務用機器内部で生成されるデータや、環境内に設置されたセンサーが生み出すデータ等、様々なデータの管理が可能です。各計測値に対する対応するアクションを簡単に定義することが可能で、また監視だけでなく制御も加えた双方向性をもたせることが可能となっております。

[データを共有する]
サービス関係者に対して、それぞれが必要な情報だけを安全に共有することが可能です。例えば、装置メーカが自社製品を複数のお客様に提供するケースでは、保守上の要請から、装置メーカは出荷した全てのお客様の製品を監視したい一方、それぞれのお客様は自分の所有する機器のデータは見たいが、他のお客様の装置データが見えてはならない、と言った複雑な制限が必要になります。その場合でも、必要な情報だけを必要な関係者に見せることが可能です。

[価値を生み出す]
Asset Monitoringにて構築したデータ抽出の仕組みは、他のツールやサードパーティと容易に共有・連携が可能です。この仕組みを使って、ビジネス分析ツール(BIツール)や、機械学習への活用、データ利用による事業化など、新たな価値を生み出していくことが可能です。


サイレックスのゲートウェイ
[LB-100AN]
有線/無線LANに対応した「Linux OS搭載」アプリケーション組込み用BOXです。産業・医療用途で多数のお客様において組込み量産実績のあるデュアルバンドタイプ無線LANモジュール、無線LANドライバとCPUプラットフォームをベースに、クラウドゲートウェイ機能等、アプリケーション開発に必要な機能を含む開発キットの利用により、お客様ご自身でサービスやアプリケーションの組込みが可能となります。これにより、無線LAN対応ネットワーク機器の新規開発時に大きな障害となるハードウェア開発やドライバの初期投資・開発コストを極小化します。結果、お客様はアプリケーションの開発に専念いただくことで、スピーディーな製品の市場投入を実現可能にします。

[GW-100/GW-100AN]
LTEモデム内蔵のアプリケーション組込み可能なゲートウェイです。産業・OA機器用途で汎用的なインタフェースに本機を接続することで、有線/無線LANを介した稼働情報等の収集端末として利用することができます。また、ダイレクトに遠隔接続できるM2M(Machine to Machine) VPNやクラウドゲートウェイ機能をサポートしており、お客様機器のIoT化に向けたサービス実現に課題となるリモート接続・リモート監視機能への初期開発コストを極小化します。LB-100ANと同様、開発キット利用によりお客様にて更に自社専用「データ収集・解析」アプリケーション開発~GW-100シリーズ製品上での利用が短期間で実現可能となります。

※本製品は、お客様で開発したアプリケーション追加と共に量産サービス投入頂くことを可能にする製品です。お客様アプリケーションを含んだ形での完成品製造受託や、インタフェース拡張やお客様機器への組込、カスタマイズのご相談も柔軟に対応いたします。


Kii株式会社について
Kiiは、IoTソリューションを支えるプラットフォームおよび同プラットフォーム上で動作するIoTソリューションをグローバルに展開し、世界各地で運用する日本企業です。Kiiのソリューション/プラットフォームは、機器のIoT化のみならずその先にあるビジネスモデルを支えるデータ活用も含めてサポートできる構造になっており、国内から世界各地へ拡大可能なサポート体制を整えています。

■社名:Kii株式会社
■設立:2007年11月13日
■事業内容:クラウド技術を用いたIoTソリューション及び、IoTプラットフォームの提供
■Webサイト:リンク

サイレックス・テクノロジー株式会社について

サイレックス・テクノロジーについて
リンク

サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町)は、機器をネットワークやワイヤレスにつなげるハードウェア・ソフトウェアの技術を核とした研究開発型企業です。

プリンタやMFPといったOA機器やワイヤレスルータなどのPC周辺機器をはじめ、医療機器・産業機器など確実な接続性が求められる機器にもネットワークやワイヤレスのノウハウを活かした製品を提案し、ビジネスの幅を広げています。品質基準を厳格に保つため、設計・開発・生産・品質保証といった一連のプロセスを「けいはんな本社」に集約しています。海外パートナーとの連携や新市場開拓、新技術の情報収集・開発などグローバルなビジネス展開のため、北米・欧州・中国・インドに拠点を設けています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]