logo

穂苅智哉の「真剣!KUSANAGI語り場」 第5回「KUSANAGIとセキュリティPart1 バージョンアップとKUSANAGI」

株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー(代表取締役 鵜川徹、本社所在地 東京都千代田区、以下、DHT)は穂苅智哉の「真剣!KUSANAGI語り場」 第5回「KUSANAGIとセキュリティPart1 バージョンアップとKUSANAGI」が公開されました。

###
前回まで、Microsoft Azureのサーバー上にKUSANAGIの環境を構築しWordPressを動かして自分のブラウザから閲覧できるまでの手順を紹介して来ました。これで、WordPressをクラウドサーバーのKUSANAGIにて動かすファーストステップは出来上がりました!

今回このコラムで取り上げるのは『セキュリティ』です。

皆様が気になるプライオリティが結構高いジャンルではないでしょうか。

◆バージョンアップデート

特にWordPressでは気になる部分としてバージョンのアップデートがあります。具体的にはWordPressのバージョン、利用しているプラグインのバージョン、利用しているサーバーのミドルウェアのバージョン(PHPやNginx, Apache, MySQLなど)、OSのバージョン(KUSANAGIだとCentOS7)となります。

WordPressは多くの企業で利用されているシステムとはいえ、弊社のようなWordPressに強みをもつ会社が見て本当に安心するレベルで運用できているところは正直少ない印象です。

理由としてセキュリティパッチ(プログラムに脆弱性やセキュリティホールなどが発見された際にそれらの問題を修正するためのプログラムのこと)

が出ているのに放置し、セキュリティの観点からいうと非常に危険なバージョンを利用し続けているというサイトが多いからです。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]