logo

小説のタイトル採用で原稿料3万円!「本づくりプロジェクト」第2弾

本づくりの命、“タイトル”募集!

株式会社講談社では2月16日(金)より「本づくりプロジェクト」の第2弾として、人気作家・行成薫の新作小説のタイトルを募集し、同時に電子版を無料公開します。



[画像: リンク ]

読者が書店で本をザッピングする時間は一冊あたり平均0.3秒。帯とカバーはもちろん、何より大切なのがタイトルです。目を惹き、覚えやすく、読みたくなり、作品の中身に嘘をつかないタイトル。そんなタイトルを日夜探しています。

普段は作家と編集者の二人で考えていますが、多くの方々のお力を借りれすれば、ついに「これしかない!」と思えるタイトルが見つかるのではないか?そう思い至り、今回の募集をすることとなりました。
恋愛小説であり、青春小説でもある。ミステリーであり文学でもある。主人公は中学生から老人まで……と、ひとつにはくくれない虹色の連作短編集です。最後、確かに胸に残るものがあると思っています。みなさまのご応募、お待ちしております。

・応募受付期間 : 2月16日(金)~3月1日(木)
・採用されたタイトルには原稿料3万円をお支払いいたします

■行成薫 『     』について
廃園が決まった遊園地の最後の一日を描く連作短編集。中学生の団体、年の離れたカップル、親子連れや老人夫婦らが、さまざまな思いを胸に訪れる。二度と会えない相手との別れ際に、かけるべきる言葉とは?

【行成薫(ゆきなり・かおる)】 1979年宮城県生まれ。東北学院大学教養学部卒業。
2012年『名も無き世界のエンドロール』で第25回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。
他著に『バイバイ・バディ』『ヒーローの選択』『僕らだって扉くらい開けられる』がある。

■無料配信を行う電子書店
Amazon、紀伊國屋書店、DMM.com、BOOK☆WALKER、BookLive、honto、ヨドバシカメラ、楽天Kobo など
※「本づくりプロジェクト」ウェブサイトでも無料公開いたします

■本づくりプロジェクトとは!?
本づくりは楽しいです。読者の気持ちを想像しながら、あれこれと様々なパターンを検討しては消去し、細部を詰めていきます。もちろん最終形はひとつだけ。プレッシャーはありますが、編集者で幸せだなあと、いつも思います。そんな幸せを皆様と分かちあう本企画を始めてみます。ぜひ、ご参加ください!

■応募、電子版の無料配信については以下ウェブサイトでご案内しております
・講談社「本づくりプロジェクト」 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]