logo

PharmaMarが薬物複合体用の完全合成海洋由来ペイロードをSeattle Geneticsにライセンス供与

PharmaMar 2018年02月15日 15時31分
From 共同通信PRワイヤー

PharmaMarが薬物複合体用の完全合成海洋由来ペイロードをSeattle Geneticsにライセンス供与

AsiaNet 72317 (0317)

【マドリード2018年2月15日PR Newswire=共同通信JBN】PharmaMar(MCF:PHM)は15日、Seattle Genetics Inc.(SGEN:NASDAQ GS)との間で、抗体薬物複合体(ADC)や、その他のPharmaMarのペイロードを組み込んでいる薬物複合体の開発、製造、商業化に使用するいくつかのPharmaMar独自の分子に対する独占的な世界的権利をSeattle Geneticsが受け取る独占的なライセンス協定に調印したと発表した。

(Logo: リンク

協定文書によると、PharmaMarは調印時に500万米ドルの前払い支払いを受け取り、製品がSeattle Geneticsによる臨床開発に入った段階で開発マイルストーンによる支払いが続く。さらに、製品が規制による承認を受け、商業化された場合にはPharmaMarは特許使用料とともに承認、販売マイルストーンの支払い対象になる。

PhrmaMarには海洋性ペイロード部門がある。これらは新しい、構造的に異なる分子で、次世代のADCを開発するユニークな機会を提供する新たな作用メカニズムを伴っている。これらのペイロードには高度の可能性があり、サブナノモルの細胞傷害活性がある。ADCは細胞を殺す薬剤を直接がん細胞に向ける抗体の特性を強化することを目指す標的がん治療法である。

PharmaMarの腫瘍事業部門のルイス・モラ・マネジングディレクターは「われわれは、ADC市場のパイオニアで有力企業のSeattle Geneticsとこのライセンス協定を調印したことを喜んでいる。これによりわれわれはこれらの先端的がん治療法にともに取り組めるからだ」と述べた。

PharmaMarのペイロード部門は新しく、同社を細胞傷害性製品の供給会社にし、ADC
の分野で活動するすべての企業にとって必要な存在にしている。

▽Seattle Genetics Inc.について
Seattle Genetics Incはバイオテクノロジー会社で、がん治療のためのモノクローン抗体ベースの治療薬を開発、商業化している。Seattle Geneticsの本社は米ワシントン州ボセルにある。リンク

▽PharmaMarについて
マドリードに本社を置くPharmaMarは革新的な海洋由来の抗がん剤の発見、開発で世界をリードするバイオ医薬品会社である。同社は医薬品候補のパイプラインと堅実な腫瘍学研究開発計画を持っている。PharmaMarは欧州でYONDELIS(R)を開発、商業化し、ほかに数種の硬質がん、血液がん向けに3つの臨床段階の計画、ルルビネクチジン、プリチデプシン、PM184、PM14がある。PharmaMarは世界的なバイオ医薬品会社であり、ドイツ、イタリア、フランス、スイス、英国に子会社がある。PharmaMarについての詳しい情報はリンク を参照。

▽詳細の問い合わせ先
Media Relations (+34-638-79-62-15)、投資家関係(+34-914444500)

ソース:PharmaMar


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]