logo

2018年2月5日(月)サファリワールド オーストラリア区に アカカンガルー3頭が仲間入りしました!

株式会社アワーズ 2018年02月15日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

2018年2月15日(木)

アドベンチャーワールド

2018年2月5日(月)サファリワールド オーストラリア区に アカカンガルー3頭が仲間入りしました!

【画像: リンク
アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)では、2018年2月5日(月)に熊本市動植物園よりアカカンガルー3頭(オス1頭・3歳、メス2頭・1歳)が仲間入りし、これまで暮らしていたオス1頭と合わせ、4頭の群れで生活する姿をご覧いただけるようになりました。
アカカンガルーについて、アドベンチャーワールドでは、1年前よりオス1頭のみの展示となっていました。今回1年ぶりに仲間を迎えたオスのカンガルーは、早速メスに近づきアピールし、仲間入りしたオスと取っ組み合いをするなど、野生本来の活発な動きを見せるようになりました。

既に交尾行動も見られており、近い将来、赤ちゃんが元気に誕生してくることを期待しています。
【画像: リンク
【搬入したアカカンガルー3頭について】
 ■搬入元 :熊本市動植物園
 ■搬入頭数:3頭(3頭とも熊本市動植物園生まれ)
  オス1頭  2014年 11月25日生まれ(3歳)
  メス2頭  2016年   7月31日生まれ(1歳)
         2016年 11月12日生まれ(1歳)

 ■エ サ :白菜、ニンジン、カンガルー用のペレットなど
 ■展示場所:サファリワールド内 オーストラリア区
 ■公開時間:午前10時20分~午後4時00分

 ※サファリワールドを一周するケニア号や、歩いて周るウォーキングサファリなど、すべてのサファリツアーでアカカンガルーをご覧いただけます。

【アカカンガルーについて】
■分 類   有袋目カンガルー科 カンガルー属 
■学 名  Macropus rufus
■生息地   オーストラリア大陸の大部分
■食 性   主に草類。低木の若葉や芽、樹皮も食すほか、多肉植物を採食することで、長期の間水を飲まなくても生活することができると言われている。
■繁 殖   一年中繁殖することができ、妊娠期間は30日から40日で一度に1頭の子供を産む。
      生まれたての子供はわずか2㎝ほどで、出産後すぐに母親の袋である育児嚢の中に入り込む。母親の袋は生まれて3か月で膨らみ始める。通常は約8か月間袋の中で成長し、半年経った頃に顔を覗かせる。オスは約2年ほど、メスは約1年ほどで性成熟を迎える。
■寿 命    野生では12~18年。飼育下では約20年。
■特 徴   単独で生活するものもいるが、10頭前後の群れをつくり生活する。群れは複数のメスと子供たち、そして1頭以上のオスから形成される。

〈アドベンチャーワールドについて〉
温暖な紀伊半島の和歌山県白浜町にある陸、海、空の140種1400頭の動物が暮らす「人間(ひと)と動物と自然とのふれあい」をテーマにしたテーマパークです。ジャイアントパンダをはじめ、希少動物の繁殖に成功し保護研究活動に努めています。

企業理念「こころで“とき”を創るSmileカンパニー」のもと「こころ」を大切にし、関わる全ての人との大切な「とき」を共有することによって、永続的にホンモノの「Smile」を創造・提供し続けます。

■所在地 :和歌山県白浜町
■面積    :80万平方メートル
■オープン:昭和53年4月22日
■運営会社:株式会社アワーズ
■公式HP  : リンク
■ツイッター:リンク
■フェイスブック:リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]