logo

インスタグラム上でオリジナルドラマを展開 それぞれの“クラシック”を巡るストーリー2月15日(木)21時 インスタドラマ『変わりモノ 変わらないモノ』配信開始

リーボック アディダスグループ 2018年02月15日 14時01分
From PR TIMES

キャストの足元を飾る“変わらない”魅力を放つ名作スニーカーにも注目 URL: リンク

グローバルフィットネス ライフスタイルブランドのリーボック(所在地:東京都港区六本木一丁目9番10号)は、歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン“Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)”において、2018年2月15日(木)21時より公式インスタグラム上でオリジナルドラマ『変わりモノ 変わらないモノ』(全15話)の配信をスタートします。



[画像1: リンク ]

2018年、リーボック クラシックでは、自分自身の“CLASSIC(クラシック)”が持つ意味を定義し、そのクラシック像に独自の個性や世界観で新たなチャレンジをしようとする“パイオニアたち”を支持し、サポートする「ALWAYS CLASSIC」キャンペーンを展開しています。本キャンペーンでは、流行にとらわれることなく、時代ごとに独自のスタイルを築いてきたリーボック クラシックの“クラシック”を最も体現する5つの定番・名作モデル「CLASSIC LEATHER(クラシックレザー)」、「FREESTYLE HI(フリースタイルハイ)」、「CLUB C(クラブC)」、「WORKOUT PLUS(ワークアウトプラス)」、「PRINSESS(プリンセス)」をフィーチャーしています。

「ALWAYS CLASSIC」キャンペーンの展開にあわせ、日本では、全く新しい取り組みとして、公式インスタグラムをプラットフォームにしたオリジナルドラマを2月15日(木)から 3月21日(水)にかけて配信します。URL: リンク(初回は、2月15日(木)の21時アップ。次週からは毎週月・水・金の21時に公開)

ドラマのストーリーは、「“クラシック”とは、世のなかの流れやトレンドなどの表層的な物事に影響されることのないモノ。飽きられることなく、愛され続ける普遍的な魅力を感じるモノ。」というメッセージを込めた、完全オリジナルストーリーです。

主演を務める若手俳優「大下ヒロト」をはじめ、「仁村紗和」、「田中一平」、そして人気モデルの「miu」、HIP HOPクルー「KANDYTOWN」のメンバーなど、若手注目、個性派揃いのキャストが登場します。ストーリーの鍵となるリーボック クラシックの名作スニーカー「クラシックレザー」や、キャストの足元を飾る数々の名作スニーカーを合わせたスタイリングもドラマの注目のひとつです。

【インスタドラマ詳細】
■タイトル:『変わりモノ 変わらないモノ』(全15話)
■公開先URL:リーボック クラシック公式インスタグラム:リンク
■公開日時:2018年2月15日(木)21時スタート(次週からは毎週月・水・金の21時に公開)※一話あたり1分
■ストーリーあらすじ:
[画像2: リンク ]

“クラシック”とは、世の中の流れやトレンドなどの表層的な物事に影響されることのないモノ。飽きられることなく、愛され続ける普遍的な魅力を感じるモノ。例えば、それは両親から授かった名前、または初恋相手との思い出や老舗定食屋の変わらない定番のメニューであったり、ときには1足のスニーカーであったり……。単純なスペックやデザインだけでは魅力を語ることができないのが“クラシック”。大切な人たちにもらったモノが捨てられない性格の主人公「広人」。そんな広人を中心に、昔の恋人「沢村ちか」やアルバイト先の先輩「田中一平」、友人「斎藤七海」らがそれぞれの“クラシック”を巡ってストーリーが展開していく。時代に流されることのない何かが、それぞれの自分らしさを見つけるヒントになることを願って。

【登場人物/キャスト】
広人×CLASSIC LEATHER

[画像3: リンク ]


広人/大下ヒロト
両親をはじめとする大切な人たちにもらったモノが捨てられない性格の広人は、役者になるために上京した時も、それらをダンボールに詰め込んできた。大都会で生活する自分の“ヒロト“という名前が、自分の生き様に大きな影響を与えていることに気づく。愚直で誠実で不器用な彼が履くのは、その真っ直ぐな性格にピッタリのリーボック クラシックが誇るレトロランニングモデルの代表作「CLASSIC LEATHER(クラシックレザー)」。


沢村ちか×FREESTYLE HI

[画像4: リンク ]


沢村ちか/仁村紗和
広人と高校2年生の頃に交際していた元カノの沢村ちか。現在は実家から地元の大学に通う。イギリス文学専攻。連休を利用して東京に遊びに。そこで久しぶりに広人と再会する。カフェよりも喫茶店、Netflixよりも映画館を好む、ちょっと古風な女の子。カフェよりも喫茶店派な彼女が選んだシューズは、80年代から世界中の女性に愛されるハイカットスニーカー「FREESTYLE HI(フリースタイルハイ)」。


雨宮りょう×WORKOUT PLUS

[画像5: リンク ]


雨宮りょう/田中一平
広人がバイトをする町の中華屋の先輩であり、唯一広人にだけ気を許している雨宮りょう。バイトが休みの日は、図書館や古本屋に行き本を探したり、レコード屋でビートルズのレコードを探し、自宅でコーヒーを飲みながら一人の時間を過ごすのが好きなアナログ派。趣味が読書やレコードという彼が好むのは、シンプルなデザインと機能性から長年愛され続けているスニーカー「WORKOUT PLUS(ワークアウトプラス)」。


斎藤七海×PRINCESS

[画像6: リンク ]


斎藤七海/miu
広人の友人であり、服飾の学校へ通う23歳の斎藤七海は“自分探し中”の悩める専門大生。トレンドや流行り廃りには当然敏感でショッピングも大好き。しかし、引っ越し準備で一世一代の断捨離をしていた時に、モノの本質とは何かを考えさせられることとなる。オシャレに敏感な彼女が足元に選ぶのは、女性らしい丸みのあるフォルムが魅力の「PRINCESS(プリンセス)」。


KEIJU×CLUB C

[画像7: リンク ]


KEIJU/KEIJU
東京を拠点にするヒップホップクルー、KANDYTOWNのメンバーのひとり。モードな装いの中にもクラシックなものやスポーティーなものも取り入れる装いを好んで着用。広人が働く町の中華屋の常連客で、定番メニューのチャーシュー麺を注文することがお決まり。スポーティーな彼が履くのは、1985年にテニスシューズとして誕生し、そのスマートでクラシックなデザイン性からストリートシーンでも人気を博している「CLUB C(クラブ C)」。


【特設サイト】
URL: リンク
特設キャンペーンサイトでは、全エピソードのあらすじや、各キャストがリーボック クラシックのスニーカー、アパレルを着こなすルック画像、撮影のビハインドザシーンなどを公開します。

【劇中登場モデル】

[画像8: リンク ]

名称:CLASSIC LEATHER(クラシックレザー)
品番:2214
自店販売価格:10,000円(税抜)
サイズ:22.5cm~30.0cm
カラー:ホワイト/グレー
[画像9: リンク ]

名称:CLUB C 85(クラブC 85)
品番:AR0455
自店販売価格:11,500円(税抜)
サイズ:22.5cm~30.0cm
カラー:ホワイト/シアグレー
[画像10: リンク ]

名称:WORKOUT PLUS(ワークアウトプラス)
品番:2759
自店販売価格:12,000円(税抜)
サイズ:22.5cm~30.0cm
カラー:ホワイト/シアグレー
[画像11: リンク ]



名称:FREESTYLE HI(フリースタイルハイ)
品番:2431
自店販売価格:9,800円(税抜)
サイズ:22.5cm~28.0cm
カラー:ホワイト/シルバー
[画像12: リンク ]

名称:PRINCESS(プリンセス)
品番:J95362
自店販売価格:5,800円(税抜)
サイズ:22.0cm~28.0cm
カラー:ホワイト

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]