logo

ドローン大学校が奨学金制度と特待生制度を3月から開始

JUIDA認定校ドローン大学校 2018年02月08日 17時18分
From PR TIMES

ドローン大学校が未成年入校生に9万円の奨学金を給付する奨学金制度と、学費全額無料の特待生制度を開始

一般社団法人ドローン大学校は、若年層ドローンパイロットと若年層ドローンビジネスマンの育成を目指し、未成年入校生に9万円の奨学金を給付する奨学金制度と、成績優秀な未成年入校生に対し、毎期一名、学費全額無料の特待生制度を開始する。この奨学金制度と特待生制度により、未成年には大き過ぎる金銭的ハードルを撤去し、ドローン業界への参入を容易にすることを目指す。



[画像: リンク ]



「空の産業革命」には若年層の柔軟な発想が必要不可欠

ドローンは「空の産業革命」と、華々しい未来を想像させるが如く称されることがある。しかし、その世界に入ろうする若年層は少なく、実際に日本のドローン業界で活躍するドローンパイロットには50歳代~60歳代のパイロットも少なくない。それらの年齢層が、これからの「空の産業革命」を支えて行けるとは考え難く、今後のドローン業界の発展を考えると、若年層の柔軟な発想が必要不可欠であり、この問題はドローン業界全体で考えるべき大きな問題である。

若年層ドローンパイロットと若年層ドローンビジネスマンの創出の場を提供したい

JUIDA認定校である一般社団法人ドローン大学校は開校以来「ドローンのビジネススクール」をスローガンにしてきたこともあり、受講生の平均年齢は45歳と若年層入校生は少なかったが、その中でも学生入校生は10名程度おり、最年少入校生は17歳であった。彼らは知識の習得も早く、実技においても高度な操縦技術をマスターして修了し、新たなドローンビジネスを柔軟に構想することにも長けていた。しかし、ドローンスクールに通うには未成年には大き過ぎる金銭的負担があるのが現実であり、そのハードルを撤去することがドローン業界にも有益と考えられる。

未成年入校生に9万円の奨学金を給付する奨学金制度と、学費全額無料の特待生制度を開始

一般社団法人ドローン大学校は、入校時に未成年の入校生に9万円の奨学金を給付する奨学金制度と、成績優秀な未成年入校生に対し、毎期一名、学費全額無料の特待生制度を開始する。この奨学金制度と特待生制度により、未成年には大き過ぎる金銭的ハードルを撤去し、ドローン業界への参入を容易にすること目指す。

JUIDA操縦技能証明証取得講習から制度開始

3月26日(月)開校の東京・大手町キャンパス JUIDA操縦技能証明証取得講習と、3月27日(火)開校の名古屋・名駅キャンパス JUIDA操縦技能証明証取得講習から導入を開始する。先ずは、ドローン大学校ホームページにある「無料セミナーへの参加申込み」を行い、同セミナーの席上にて申込みをおこなう。


大手町キャンパス▷ リンク
名古屋キャンパス▷ リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]