logo

無料で始められる議事録リアルタイム共有サービス「GIJI」をリリース

〜海外展開も視野に、会議と議事録カイゼンで働き方改革を支援〜

株式会社アジャイルウェア(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO:川端光義、以下アジャイルウェア)は、議事録リアルタイム共有サービス「GIJI」の提供を平成30年2月2日より開始しました。

「GIJI」は、ブラウザ上で作成中の議事録を複数メンバーとリアルタイムに編集できる議事録共有サービスです。アジャイルウェアは2017年に事業譲渡を受けた旧サービス「SIGN」を「GIJI(ギジ)」としてゼロから再開発し、レスポンスを大幅に向上。今後の継続した機能強化により海外展開も視野に入れ、2020年にユーザー10万人を目指します。

◆こんな方々にお勧めのサービスです
・会議中に話が脱線しがちで、会議がいつも長くなる
・議事録作成のために残業している
・承認などを経て会議の数日後に議事録が完成するが、だれも読んでいない
・1人で議事録を作成することは効率が悪いと感じている

◆GIJIを利用した場合の会議
<会議前>
・GIJIに議題を書き、事前にメンバーに共有

<会議中>
・会議参加メンバー全員が、自分のPCでGIJIをブラウザ表示
・議題を見ながら会議を進行
・各メンバーがGIJI上で議事録を更新
・だれかがGIJIに書き込むと、リアルタイムに全員の画面に反映
・全員で書き込むので、会議終了と同時に議事録作成と共有が完了

<会議後>
・決定事項、宿題事項を進める

◆GIJIによって生まれる価値
・業務スピードの向上
例えば会議終了時からタスク開始まで5日間要していた場合、「GIJI」を活用しタスク管理ツールRedmineと連携させれば会議終了と同時にタスク共有まで完了するため、その期間が0日になります。つまり1週間分の業務スピードアップを生み出します。

・コスト削減
議事録の清書からタスク共有までの作業時間が60分間と仮定すると、年間で1人当たり約15万円、100人で1,500万円の削減を期待できます。(※60分会議が1日1回、月20回、作業者1人当たりのコストが3,000円/Hと仮定)

◆新しい3つの料金プラン

旧サービス「SIGN」の料金プランを刷新し、Free版(クラウド)、Standard版(クラウド)、オンプレミス版の3つを用意しました。

20人までの小規模利用であれば無料のFree版、大規模利用や他システム連携を利用する場合はStandard版、自社サーバやプライベートクラウドにインストールしてセキュリティを担保する場合はオンプレミス版がそれぞれ対応します。

詳細は以下をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]