logo

「傘寿記念 四代 西村德泉 茶陶展」京都高島屋で開催

株式会社高島屋 2018年02月02日 15時37分
From Digital PR Platform


京都高島屋で、2018年2月14日(水)から、四代 西村德泉さんの傘寿を記念した個展を開催します。(2月20日まで)

西村德泉さんは、1937年、二代德泉の次男として生まれ、六代清水六兵衞氏に師事。德二郎のご本名で日展等にてご活躍のかたわら、兄の先代德泉さんの右腕として家業に尽力してこられました。2007年に四代德泉を襲名され、繊細優美で京都らしい雅な茶陶作品の数々を制作されています。

傘寿の節目にあたる今展では、華やかな吉祥文様の意匠や形にこだわられた金襴手、祥瑞、色絵などの茶碗、水指など、新作約60点を展観いたします。


■展観作品の一例


リンク
瑠璃地蓬莱文水指

リンク
金襴手吉祥文茶碗

■四代 西村德泉(にしむら・とくせん)さん略歴
1937年 京都五条坂にて生まれる
      二代德泉より伝統工芸技法の手ほどきをうけるかたわら、六代清水六兵衞氏に師事する
1971年 京都五条坂より宇治炭山の山里に京焼登窯を移築、紫野大徳寺五百九世瑞峯院再住吉口桂堂老師より「紫翠」の窯名を賜る
2007年 四代德泉を襲名する
2008年 京都紫野大徳寺高田明浦管長より「德泉」の御染筆、ならびに「紫翠」「德泉」の印を賜る
      襲名記念「四代 西村德泉茶陶展」高島屋(横浜・京都・米子)にて開催
2014年 喜寿記念「四代 西村德泉茶陶展」高島屋(京都・横浜)にて開催
2015年 京都府伝統産業優秀者「京の名工」として京都府知事表彰を受彰

【開催概要】
高島屋美術部創設110年記念 
傘寿記念 四代 西村德泉 茶陶展
■会  期:2018年2月14日(水)~2月20日(火)
■会  場:京都高島屋6階美術画廊(京都市下京区)
■開場時間:午前10時~午後8時 ※最終日は午後4時閉場
(入場無料)

【京都高島屋公式サイト】
リンク

【お問い合わせ】
京都高島屋
京都市下京区四条通河原町西入真町52
TEL:(075)221-8811(代)





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]