logo

髙橋大輔がマンションのトータルコーディネートに挑戦!

株式会社キョードーメディアス 2018年02月02日 10時34分
From 共同通信PRワイヤー

2018/02/01

(株)キョードーメディアス

髙橋大輔がマンションのトータルコーディネートに挑戦!

バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダリストで、現在はプロフィギュアスケーターとして活躍する髙橋大輔が、1月31日、『「D-color」プロジェクト』の記者会見に参加。髙橋が、2019年春に都内に誕生する投資型マンションのトータルコーディネートを行うことが発表された。
【画像: リンク
今回のプロジェクトを手がけるのは、累積販売実績929棟におよぶマンション経営を手がけてきた、スカイコート株式会社。来年に控えた、同社の創立50周年を記念し、「次の50年につながる建物を作りたい」という思いからスタートした同プロジェクトに、髙橋は、トータルコーディネーターとして、企画段階から参加を果たす。

同プロジェクトの発案のきっかけは2年前のアイスショー。プロフィギュアスケーターであり、現在はスカイコートの取締役でブランディング推進部長の西田美和氏が、アイスショーのトークイベントで、髙橋が、「スケート選手でなければ、建築家になりたかった」と語っていたのを聞き、話を持ちかけた。「D-color」というプロジェクト名は、「髙橋さんがフィギュアスケートで培ったセンス、表現者としての才能をいかしていただきたいという思いから」(西田氏)来ているという。

この会見の前に高橋は地鎮祭にも参加。「最初は部屋の内装だけのことだと思っていた」という髙橋だが、イメージコンセプト、テーマカラーから、外装、内装、ロビー、共用スペースなどを手がけることが決まり、「マンション1棟ですからね。その後、残っていくものですし、軽い気持ちではできないので責任は感じています」と心境を語った。
【画像: リンク
子どもの頃から家の図面を見るのが好きだったという髙橋は、最近、マンションを購入し、コーディネートしたばかり。「自分の家はトイレの壁紙にピンクを使ったりしていますが(笑)、今回のプロジェクトでは自分の趣味を押し付けず、そのうえで、髙橋大輔の色を出したいですね。買ってよかった、住んでよかったなと思ってもらえるものを作れたら」と意気込む。「いろいろな間取りの模様替えに対応できるように」とコンセントの位置や数や照明にもこだわりたいという。さらに、「賃貸の頃から引っ越し魔で使いやすさを追求してきました。その経験を生かしたい」とコメント。また、「どこかに、オーナーの方だけに楽しんでいただける、サプライズを入れたいですね」と遊び心も忘れない。

なおマンションの具体的な場所は、2019年以降、明らかになるという。今後の、同プロジェクトの進行は、2月1日にオープンした特設サイトで確認できる。
【画像: リンク


「D-color」プロジェクト
公式サイト:リンク
詳細は公式サイトで随時アップされます。


※髙橋大輔の「高」は正式には「はしご高」です。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]