logo

総合生命科学部 遠藤 斗志也 教授らは、ERMES複合体の構成因子の立体構造と脂質輸送メカニズムの解明

京都産業大学 2018年02月01日 15時30分
From 共同通信PRワイヤー

2018年2月1日

京都産業大学
リンクリンク

総合生命科学部の遠藤斗志也 教授と河野慎 研究員らの研究グループは、小胞体-ミトコンドリア間のコンタクト部位をつくるERMES複合体の構成因子Mdm12の立体構造を解明しました。さらに、Mdm12ともう一つの構成因子Mmm1の複合体(Mmm1-Mdm12)が脂質輸送において重要な役割を果たし、脂質が水に触れることなく小胞体膜からミトコンドリアの外膜へと輸送する仕組みを明らかにしました。
(米国科学誌『Journal of Cell Biology』に掲載)

総合生命科学部の遠藤斗志也 教授と河野慎 研究員らの研究グループは、小胞体-ミトコンドリア間のコンタクト部位をつくるERMES複合体の構成因子Mdm12の立体構造を解明しました。さらに、Mdm12ともう一つの構成因子Mmm1の複合体(Mmm1-Mdm12)が脂質輸送において重要な役割を果たし、脂質が水に触れることなく小胞体膜からミトコンドリアの外膜へと輸送する仕組みを明らかにしました。
この研究成果は、12月26日付けの米国科学誌『Journal of Cell Biology』に掲載されました。
本研究により、近年重要性が注目される異種オルガネラ間コンタクト部位を介する脂質輸送の分子機構解明への道が拓けました。さらには、 細胞内の各オルガネラ膜が正しい脂質組成に保たれる仕組みの理解、 リン脂質供給の異常により引き起こされる疾患の病因の理解や治療法開発への貢献が期待されます。

むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学


【関連リンク】
小胞体とミトコンドリア間のコンタクト部位をつくるERMES複合体の構成因子の立体構造と脂質輸送メカニズムを解明
リンク
タンパク質動態研究所
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]