logo

言語はもはや研究の障害ではない:オープンアクセス・ジャーナルが英語による科学文献の支配を破壊する

OMICS International 2018年02月01日 14時34分
From 共同通信PRワイヤー

言語はもはや研究の障害ではない:オープンアクセス・ジャーナルが英語による科学文献の支配を破壊する

AsiaNet 72115 (0214)

【ロンドン、シンガポール2018年1月31日PR Newswire=共同通信JBN】
*読者ベースが5000万に達したOmics International

OMICS International最高経営責任者(CEO)のスリヌバブ・ゲデラ博士(リンク )はオープンアクセスによる科学出版(リンク )が言語の障害を取り除きつつあると述べている。オープンアクセス・ジャーナルで発表された科学研究は著作権法の制限なしに多数の言語に翻訳することが可能だ。科学的なコンテンツが数多くの世界的あるいは地域的な言語に翻訳されれば、科学研究の成果が世界の貧しい人々にも届くことになる。今では、いくつかの国の政府が科学的なコンテンツを自国言語へ翻訳することを重要視するようになった。

Logo - リンク

無料の科学コンテンツは社会に不可欠で、経済成長、ヘリテージ、文化に活力を与える。無料文献は富裕と貧困の間の優越性を除去し、経済的なアンバランスを無くす。ゲデラ博士は「オープンアクセス出版業界は今なお、コスト効率良く、安く、無料の科学情報を世界の果てまで届けるために臨機応変に取り組んでいる」と述べた。

スリヌバブ・ゲデラ博士(リンク )は最近見られるようになったフェイクニュースやフェイクブログについて、「フェイクニュースやフェイクブログはオープンアクセス・ジャーナルの評判に悪影響を与えている。これらは犯罪者が作ったものだからだ。これらのフェイクブロガーは有料の科学出版業者からお金を受け取った後でブログを閉鎖するか、個人的な利益のために行動している。何社かの有料科学出版業者は、科学的なコンテンツを学術コミュニティーに売っていて、商業興信所の支援を受けてアカデミック・マフィアを管理している。しかし、大勢は変化しつつある。科学者はオープンアクセスを支持し、オープンアクセス・ジャーナルで出版する方を好むようになっている」と述べた。

今や、主役のオープンアクセス・ジャーナルは勢いを得た。ゲデラ博士は「良い兆候だ」と付け加えた。オープンアクセスによるデジタル出版の多岐にわたる影響を認識した後で、学会、政府機関、およびその他すべての科学コミュニティーのメンバーを含む有識者からの支援が流れ込んでいる。

従業員数3000強のOMICS International(リンク )は科学およびヘルスケア情報の普及におけるパイオニアとして、オープンアクセス出版の成功をたたえている。OMICS International(リンク )は5万人強のよく適した科学者からなるエディトリアル・ボードの助力を得て、2009年には10のジャーナルの発行元から2017年には5000万の読者ベースを持つ1000強のピアレビュー・ジャーナル(リンク )の発行元へと成長した。OMICS Group(リンク )はまた、国際的なパートナーと協力して年間3000強の科学および医学分野の会議を催している。

▽問い合わせ先
contact.omics@omicsonline.org;
+1-650-268-9744

ソース:OMICS International


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]