logo

ホットリンク、SNS上のクチコミから調査を実施 若者の「節分」ツイートは減少傾向!?

ホットリンク 2018年01月31日 10時14分
From PR TIMES

~Twitterユーザーが選ぶ!恵方巻きの具7選~

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長 内山幸樹、以下 ホットリンク)は、ソーシャル・ビッグデータ分析ツール「クチコミ@係長」を用い、『節分』に関するTwitter上のクチコミの傾向を調査し、その結果を発表します。



≪調査結果/抜粋≫


■節分、2年連続でツイート件数が減少傾向に。若者の“節分離れ”止まらず!?
■ツイートにも地域差あり!? 関東は「豆まき」、近畿は「恵方巻き」
■男性は「節分」を意識しつつも・・・何もしない傾向にあり
■Twitterユーザーが選ぶ!恵方巻きの具7選

※本調査は、ホットリンクが開発・提供するソーシャル・ビッグデータ分析ツール「クチコミ@係長」を用い、Twitterの投稿を分析したものです。
※調査には、Twitter10%サンプルを使用しています。
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫本リリースの引用・転載時には、必ず「ホットリンク調べ」と明記ください。

【節分、2年連続でツイート件数が減少傾向に。若者の“節分離れ”止まらず!?】
2015年・2016年・2017年の「節分」に関するツイート件数を調査したところ、いずれの年も節分当日の2月3日20時台に最も多くツイートされていることがわかりました。また、「節分」とともにつぶやかれるキーワードは「恵方巻き」と「豆まき」という結果に。2月3日の20時台は全国各地で恵方巻きを食べる人、豆まきをする人が多い傾向にあるようです。また、同時間帯に“節分だが、○○(恵方巻き以外の食べ物)を食べる”といったツイートもあり、節分であることは認識しつつも恵方巻きを食べないことを投稿しているTwitterユーザーもみられました。
「節分」に関するツイート数は2年連続で減少傾向にあることがわかります。属性毎にみると、20歳未満の若い世代では、60.7%から50.0%と10ポイント以上も減少しています。一方で、20歳未満以外はいずれもシェアを増やしており、20歳未満の“節分離れ”が顕著な傾向にあるようです。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

検索期間:2015年2016年2017年それぞれの2月3日、検索ワード:節分、節分の日、対象SNS:Twitter10%サンプル

【ツイートにも地域差あり!?関東は「豆まき」、近畿は「恵方巻き」】
関東地域に絞って「節分」に関するツイートの内容をみてみると「風習」「習慣」というキーワードが頻出関連語にあがっていることがわかりました。“恵方巻きは、関西の風習である”、“豆まきはするけど、恵方巻きを食べる習慣はない”というツイートが多く、関東地域の風習ではない恵方巻きを食べることに抵抗のあるTwitterユーザーが多いようです。関東地域・近畿地域それぞれの頻出関連語を比較すると関東地域では「豆まき」・近畿地域では「恵方巻き」が1位という結果になっています。関東地域では4位以下に「落花生」「大豆」「歳の数」という豆まきに関するキーワードが続き、近畿地域では「巻き寿司」「いわし」がランクインしています。「節分」の地域ごとの風習がツイート内容からもわかる結果となっています。
[画像3: リンク ]

検索期間:2017年2月3日、検索ワード:節分、節分の日、対象SNS:Twitter10%サンプル、絞り込み条件:関東、近畿

【男性は「節分」を意識しつつも・・・何もしない傾向にあり】
「節分」に関するツイートの男女比率では、男性が55.0%・女性45.0%となり男性比率が高い結果となりました。男性と女性それぞれに絞って頻出関連語をみてみると、男性は「無い」「多い」というキーワードがランクインしていることがわかります。“節分で○○する習慣は無い”、“恵方巻きや豆まき関連のツイートが多いので節分ということに気付いた”という内容のツイートが多くみられました。男性のTwitterユーザーは「節分」を意識しつつも何もしない、または、当日に他からの情報で今日が節分であることを知ったという人が多いようです。そこで「節分」に関すること(豆まきをする、恵方巻きを食べる)をしたいと思ったユーザーと「節分」に関することをしたというユーザーの男女比率をみると、“○○したい”と思ったユーザーは男性比率が高いことがわかりました、一方、“○○した”というユーザーは女性比率が高く、男性は節分に関することを何かしたいと思いつつも、できない人が多い傾向にあるようです。
[画像4: リンク ]




検索期間:2017年2月3日、検索ワード:節分、節分の日、
対象SNS:Twitter10%サンプル
[画像5: リンク ]

検索期間:2015年2016年2017年それぞれの2月3日、検索ワード:節分、節分の日、対象SNS:Twitter10%サンプル
[画像6: リンク ]
検索期間:2017年2月3日、対象SNS:Twitter10%サンプル
検索ワード:節分、節分の日、豆まき、恵方巻きなど「節分」に関するワード
絞り込みワード:
・したい、買いたい、食べたいなど「節分」に関することをやりたいとツイートしたと予測できるワード
・した、買った、食べたなど「節分」に関することを実行したとツイートしたと予測できるワード


【Twitterユーザーが選ぶ!恵方巻きの具7選】
2017年の節分当日、恵方巻きの具材についてTwitter上ではどのような投稿があったのかを調査しました。多くツイートされた具材をランキングにしたところ、1位は「サーモン」という結果になり、以下「マグロ」「ネギトロ」「きゅうり」と続きます。また、恵方巻きの具材に関するツイートには、「スーパー」「コンビニ」「デパ地下」というキーワードがランクインしていることから、節分当日、様々な場所で恵方巻きが販売されていることがわかります。一方、「我が家」「お母さん(母親)」「ばあちゃん」といったキーワードもランクインしており、各家庭の恵方巻きの具材について紹介するツイートが多くみられました。
[画像7: リンク ]

検索期間:2017年2月3日、検索ワード:恵方巻き、恵方巻、恵方まき、絞り込みワード:具、具材、中の具、中身の具、恵方巻(き)の具、対象SNS:Twitter10%サンプル

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫本リリースの引用・転載時には、必ず「ホットリンク調べ」と明記ください。


■クチコミ@係長について(リンク)
「クチコミ@係長」シリーズは、導入社数累計900社を超えるお客様にご利用いただいているソーシャルメディアの分析ASPツールです。 Twitter・ブログ・掲示板などソーシャルメディアに日々投稿される膨大な口コミ情報、総数約590億件(※2015年8月17日現在)を、リアルタイムに収集・分析することが可能です。 ソーシャルメディアと、テレビやネットニュースの露出数との相関をみられるクロスメディア分析機能も搭載しています。また、「クチコミ@係長」の国内最大規模のソーシャルメディア・データベースや感情/属性分析エンジンはAPI方式で提供しています。


[画像8: リンク ]

特徴1、最大級のクチコミデータ量
Twitterは、全ツイートデータをカバー!過去38か月分のクチコミ分析も可能です。また、国内最大掲示板「2ちゃんねる」のデータを独占提供!業界最大級のクチコミデータから分析が可能です。

特徴2、どんな検索もかんたん操作。分析結果をスピード表示。
1度に10キーワード、検索期間を最大13か月の検索もパッとデータ検索&分析が可能で、ストレスなく利用できます。また、Twitterやブログなどのメディアごとに関連語を自動的に表示します。

特徴3、ダッシュボードでリアルタイムモニタリング
デフォルトフォーマットを、用途に合わせてカスタマイズ可能。グラフの追加・削除、グラフの形式やサイズ・色、表示期間の調整などが簡単に行えます。また、自由に分析した結果、確定した検索条件をボタン1つでダッシュボードに追加できます。

特徴4、あんしんのユーザーサポート
クチコミ@係長の使用開始時から、操作方法や運用のご相談まで、わからないことや困ったことがあれば、弊社のスタッフがサポートします。たとえば、検索キーワードの選び方や目的に沿った使い方、業務プロセスに乗せるためのアドバイスも行います。

■株式会社ホットリンクについて(証券コード:3680 東証マザーズ)
ホットリンクは、グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析ソリューションの提供により、ソーシャル・ビッグデータを価値化する企業です。市場や自社・競合、またお客様の声やキャンペーン反響などの各種調査、ターゲットユーザーのプロファイリング、ブームの兆し発見などマーケティングROI向上や製品改善、経営革新や予測、また高まるインバウンド消費に関する需要予測・分析・レポーティングなど、ビジネスにおけるソーシャル・ビッグデータの幅広い活用を支援します。
また、グローバルにおけるデータ流通に加え、世界におけるクロスバウンド(インバウンドやアウトバウンド)消費支援サービスの拡大により今後のさらなる成長を実現します。
設立日:2000年6月26日
資本金:1,248百万円(2017年3月末時点)
代表者:代表取締役社長 内山 幸樹
企業サイト: リンク     
公式ブログ:リンク
Twitter: リンク    
Facebook: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]