logo

九州初開催!開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。講師は同業界の権威、ドローン・ジャパン春原氏。

株式会社トルビズオン 2018年01月31日 09時00分
From DreamNews


ドローン・コンサルティング事業を手がける株式会社トルビズオン(本社:福岡市中央区 代表取締役:増本 衞)は、2018年2月13日に開発者向けの「ドローンソフトウェア開発概要講座」を開催します。ゲスト講師は、関東、関西でドローン開発者の育成を手がけるドローン・ジャパンの春原氏であり、今回が九州初開催となります。



ドローンを構成する要素のうち、プログラミングすることが可能なものは大きく、機体・操縦アプリ・クラウドの3つに分けられます。機体のプログラミングは機体制御・衝突回避・ペイロード管理など、操縦アプリでは自動航行・カメラ制御・飛行ログ解析など、クラウド上においては航行管理・管制システムなどで活用されます。

このようにドローンプログラミングは、ドローン産業の発展において非常に重要なスキルと言えます。それにも関わらず、ドローンプログラミングのノウハウは、一部のメーカー社内などでブラックボックス化されています。

そのような現状を危惧したドローン・ジャパンの春原氏は、ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を2年前から立ち上げ、東京、京都を中心に通算4期の講座を開いてきました。九州ではまだ学ぶ機会の少ないドローンソフトウェア開発の本格講座を、当講座でいち早くお届けします。


《昼の部》
【日程】2018年2月13日(火)
【時間】14:00-16:00
【会場】Fukuoka Growth Next
福岡県福岡市中央区大名2-6-11(旧大名小1F 会議室)
【参加費】3,000円
【講師】春原久徳氏
【定員】限定20名
【ご予約】▼CONNPASSにてお申し込み下さい。
リンク


《夜の部》
【日程】2018年2月13日(火)
【時間】18:00-20:00
【会場】OnRamp
福岡県福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3F OnRampサロン
【参加費】3,000円
【講師】春原久徳氏
【定員】限定20名
【ご予約】▼CONNPASSにてお申し込み下さい。
リンク


《講座内容》
I.ドローン産業におけるプログラミング
 1.ドローンの産業構造
 2.ドローンの技術フレームワーク
 3.自律移動
 4.ドローンのプログラミング
  a.オープンソース(Ardupilot)
  b.DJI
 5.非GPS環境下でのドローン活用
II.ドローンソフトウェアエンジニア養成塾

注意点)
・当講座はコーディングの講座ではありません。ドローンプログラミング開発の概要を学ぶためのものです。
・ドローンソフトウェア開発概論講座(夜の部)の内容は(昼の部)と同じものです。重複申し込みにご注意下さい。
・法人様でのお申し込みで、CONNPASSが使用できない場合は、メール( info@truebizon.com )にてお問い合わせ下さい。



(講師紹介)

春原久徳
ドローン・ジャパン株式会社CEO( リンク )。セキュアドローン協議会会長、ドローンコミュニティ「ドローンクラスター」主宰。 現在、ドローンの業務活用のコンサルタントやドローンの講習会の企画を行っている。 三井物産のIT系子会社で12年を経て、日本マイクロソフトで12年、PCやサーバーの市場拡大に向けて、日本および外資メーカーと共同で戦略的連携を担当。



▼お問い合わせはこちら

(主催企業)
株式会社トルビズオン
info@truebizon.com
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]