logo

パソナ上海「在中国日系企業における現地社員の給与・福利厚生に関する調査」

2018年度の予測昇給率は6.47% 詳細レポートの発売開始

パソナグループのパソナ上海(保聖那人才服務(上海)有限公司、本社:上海、董事長兼総経理 山本和範)は、在中国日系企業を対象に実施した「2018年度 在中国日系企業における現地社員の給与・福利厚生に関する調査」の詳細レポートの販売を1月30日(火)より開始いたします。3月6日(火)には、当該調査結果をもとに中国・深センにて人事セミナーを開催いたします。



【「2018年度 在中国日系企業における現地社員の給与・福利厚生に関する調査」結果概要】
●2017年度平均昇給率(実績)は6.85%(前年比0.06ポイント増)。2018年度予測昇給率は、6.47%。
●昇給率は、2017年実績・2018年予測共に華北が最も高く、華東が最も低かった。
●業種別の2018年予測昇給率は、「IT・情報・通信業」が7.38%と最も高い。
●2017年度賞与(実績)の平均支給月数は2.15ヶ月分(前年比0.20ポイント増)。2018年度予測賞与は、2.17ヶ月分。

◆ 調査概要
調査期間: 2017年7月11日~9月30日
調査対象: 在中国日系企業(有効回答数1,027社)
調査方法: オンライン調査
詳細結果:
『2018給与情報・福利厚生分析レポート』
・発行 2018年1月
・体裁 A4サイズ・122ページ
・定価 54,000円(税込) ※中国国内では3,000 RMB(税別)で販売
・ISBN 978-4-904898-22-2 C2060

■ 昇給率(全体)
回答企業の2017年度の平均昇給率実績は6.85%でした。これは前年度実績の6.75%と比べると0.06ポイント高い結果になりました。2018年度の平均予想昇給率は6.47%でした。


[画像1: リンク ]


■ 地域別昇給率
昇給率を地域別に見ると、2017年実績は華北が7.08%、華東が6.79%、華南が6.97%でした。また、2018年予測は、華北が6.63%、華東が6.43%、華南が6.50%という結果となりました。


[画像2: リンク ]


■ 業種別予測昇給率
各業種の2018年度予想昇給率は下記の通りでした。
[画像3: リンク ]


■ 賞与平均支給月数
回答企業の2017年度賞与平均支給月数(実績)は2.15ヶ月分となり、前年度と比べて0.20ポイント増加という結果になりました。2018年度予想賞与の支給月数は、2.17ヶ月分となりました。
[画像4: リンク ]


■ 業種別賞与平均支給月数
各業種の2017年度賞与平均支給月数(実績)は下記の通りでした。
[画像5: リンク ]


■『2018年昇給賞与情報&福利厚生セミナー』(中国・深セン)
日時: 2018年3月6日(火)14:00~16:30(受付開始 13:40)
会場: 調整中(深セン市福田区)
対象: 総経理、管理職、人事・採用ご担当者様(定員30名)
内容:
<第1部> パソナより2018年昇給賞与・福利厚生情報
1.昇給率・賞与結果報告
2.福利厚生・給与情報の調査報告
・各種手当て、休暇、研修など
・職種別給与の分析(地域・業界・経験年数・語学レベル・会社規模別)
<第2部> 在中の外資系・中国系企業の給与トレンドを含む人事課題と課題解決策
講師 Mercer Hong Kong Ltd Japanese Business Advisory Senior Consultant 上原 和子氏

費用: 500 RMB(税別)
お申込み: イベント専用URLより リンク
お問合せ: パソナ上海 深セン支店 Tel +86-755-3338-5100 E-mail sz@pasona.com.cn

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]