logo

沼津で話題のお店のインターンに! 「インターン付き出店体験〜Neo商店街〜」の参加者募集!

沼津市役所 2018年01月26日 17時40分
From 共同通信PRワイヤー

1月26日

沼津市

沼津市内での起業・出店を目指す方を対象とした、
講演・インターン・出店体験の3部構成の
「インターン付き出店体験〜Neo 商店街〜」を開催!
話題のお店で実習を受け、起業後のイメージを持っていただき、
現役の事業者の方々が、新しい挑戦を応援します!
起業を考えている方、ぜひご参加ください!

1.講演・インターン・出店体験の3step! 全て参加費無料!
Step1 トークライブ「沼津で起業して想ったこと」
 Uターン起業者の、器と雑貨のお店「hal(ハル)」 後藤由紀子さんと、かつて沼津に拠点を置き 東京・名古屋にも店舗を構えるプロダクトレーベル「Floyd(フロイド)」 藤沼祐介さんをお招きして、沼津で起業してみて感じたことを語っていただきます。
 
 日時:2月10 日(土)18:00~20:00
 会場:テレビのイマイ2階(沼津市大手町 4-6-2)
 ゲストスピーカー:hal 後藤由紀子×Floyd 藤沼祐介
 申込:お名前、ご連絡先を沼津市 商工振興課へメールにて
 ◾️メールはこちらから mailto:email:syouko@city.numazu.lg.jp 
    

【画像: リンク 】 【画像: リンク

Step2 インターン
 この街で店を構えることの魅力や苦労を体感していただきます。
  
 日時:2月下旬~3月上旬(受け入れ先と調整の上、1日)
 インターン先:各業種、定員1名。
  ・牛山精肉店(肉屋)店主 下山幸広さん
   物件及び生業のノウハウの後継者を募集しています。
【画像: リンク

  ・ Bakery25(パン屋)店主鈴木健之さん
   小学生からの夢だったパン屋を開くまでの経験をお話しします!
【画像: リンク

  ・アリクイショクドウ(DELI CAFE)店主長澤美沙紀さん
   起業したばかりだからこそ、同じ気持ちでお話しできると思います!
【画像: リンク

  ・カネロク(チーズ屋)代表取締役後藤博克さん
   沼津産チーズ作りを一緒にやってみたい方、お待ちしています。
【画像: リンク

  ・ケルン(純喫茶)藤原美恵子さん・望月よし江さん
   昭和30年から続けてきた想いをお伝えします。
【画像: リンク

  ・hal(雑貨屋)店主後藤由紀子さん
   沼津にお店を持つことの魅力をお伝えします。
【画像: リンク

  ・ikor e-BAKEイコロ(お菓子屋)店主矢島詠子さん
   10月に店舗を構えて、感じていることをお伝えします。
【画像: リンク
   
 申込:申し込みフォームにて(2月10日(土)締切)
◾️申し込みホーム リンク
  
Step3 出店体験「Neo商店街」
   実際に商店街へ出店してみることで、起業後のイメージを持っていただきます。
 
 日時:3月10日(土)11:00~15:00
 場所:沼津新仲見世商店街
 対象:Step 2 インターン参加者以外にも、沼津へ移転出店を希望している方、実務経験のある方等、インターン不要の方も募集します。
 申込:申し込みフォームにて(2月10日(土)締切)
◾️申し込みホーム リンク

【画像: リンク

2.Close-up!!
最初の一歩が大変だけど、起業することをお勧めします〜「ikor e-BAKEイコロ」店主矢島詠子さん

【画像: リンク

矢島さんが起業されたのは、「お菓子作りがお好きだったこともありますが、お客様がホッとできたり、刺激となったり、少しでも幸せなお時間を過ごせる場所をつくって、自分ができることで、他の人たちのお役に立てれば」と思ったのも大きな理由の一つだったそうです。
起業する際にも、「友人たちが協力してくれたことから、それがパワーになって起業できた、苦労を感じず感謝しています」と振り返られています。
今回インターンを引き受けたのも、「一人でやるのでは、起業の壁が高くなってしまいますし、私自身が友人たちに支えられたから」だと矢島さん。
「初めて間もないが、毎日とても楽しいです。最初の一歩が大変だけど、起業することをお勧めします」とにこやかに話しくださいました。

【画像: リンク

「ikon e-BAKE]
open 木・金・土曜日 11:00~17:00(売り切れ次第終了)
tel:090-3447-9619
Instagram ikon_ebake
facebook ikon e-bake
address 静岡県沼津市下香貫藤井原1671-5

夢を想い描けるような体験の場に〜「沼津ジャーナル」小松浩二さん
【画像: リンク

本事業を実施にあたってのパートナー「沼津ジャーナル」の小松さん。
小松さんは、市内で「REFS」という八百屋さんのオーナーさんでもあり、また、お店のある「沼津あげつち商店街振興組合」の理事長さんでもあります。
小松さんは2009年、この沼津に実店舗を立ち上げられると、お店の経営の他、商店街振興への取り組みや観光をはじめとした様々な市の事業にも協力されるなど、精力的に活動されています。
今回の事業では、起業に当たって、ご自分がこれまでの経験の中で必要だと感じたものを盛り込まれたそうで、「全てを一から始めるのではなく、起業の経験者や地域で事業を行っている人たちの支援を得られる」ような内容となっているそうです。
「このインターン付き出店体験に参加された人たちが、『10年後、沼津のまちにあって欲しい商店街』の中に、自分たちのお店があるという、夢を想い描けるような体験の場にしたい」と話されていました。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]