logo

「脱・きのこ」で普段着に合わせやすいベーシックなデザイン。つば付きor折りたたみで選べるカスク発売。

ビーズ株式会社 2018年01月25日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2018/01/25

ビーズ株式会社

「脱・きのこ頭」で街乗り普段着に合わせやすいベーシックなデザイン。
つば付きor折りたたみで選べるカスク2種発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年1月25日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー) リンク」より、普段着やスーツにも合わせやすい自転車用カスク(頭部保護具)「ブリムカスク リンク」「フォールディングカスク リンク」を発売します。

【画像: リンク

<「脱・きのこ頭」を目指したフォルム>
 「カスク」とは、フランス語でヘルメットを意味する、頭部の保護具です。 ハードタイプのヘルメットが普及する前に主流だったもので、過去には自転車レースの最高峰「ツール・ド・フランス」などでも使用されていました。
 カスクはその歴史的背景と、ヘルメットを被った時になりがちな「きのこ頭」に見えにくいスマートなフォルムデザインから、クラシカルな出で立ちやカジュアルなサイクリングスタイルを好む人に依然として人気を博しています。

 DOPPELGANGER(R)でも2014年12月から販売してきましたが、この度ラインナップをリニューアル。 更に日本人の頭に合わせるべく、額から側頭部にかけての形状をメインに部位一つひとつのシェイプを見直し、より「きのこ頭」になりにくいフォルムを目指しました。 先行品より長めのアジャスターを採用し、適応頭囲も拡張。 落ち着いたカラーラインナップで、どんなファッションにも合わせやすくなっています。 頭を守る部分の素材については先行品同様、衝撃吸収性に優れるEVAフォームと、軽量性と強度を兼ね備えるポリプロピレンを選択し、安全性も配慮しています。

<スーツやカジュアルなファッションにも合わせやすい「ブリムカスク」>
 日差しや雨などから目元を保護するブリム(つば)を備えており、帽子のような感覚で被れます。 外皮は耐久性があり汚れが簡単に拭き取れるPVCレザー(人工皮革)で、日々の自転車生活の中で気軽に使用できます。

<折りたためてお出かけにも便利な「フォールディングカスク」>
 今回新たに、小さくまとめて折りたためるタイプを新たに追加。 つばなしなので、お気に入りのサイクルキャップとの併用も可能です。 折りたたむことを考慮し、柔らかいPUレザーを採用しました。

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

【商品名】ブリムカスク
【型番:カラー】DHL345-BK:ブラック、DHL345-NV:ネイビー
【サイズ/重量】W170×L270×H120mm/235g
【材質】PVC(外皮)・EVA(クッション材)・ポリプロピレン(芯材)

【商品名】フォールディングカスク
【型番:カラー】DHL336-BK:ブラック、DHL336-NV:ネイビー
【サイズ/重量】W170×L240×H120mm/185g
【材質】PU(外皮)・EVA(クッション材)・ポリプロピレン(芯材)

【適応頭囲】56-62cm
【希望小売価格】4,200円(税別)
【製品ページ】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]