logo

学習院大学身体表象文化学専攻が2月22日~26日まで演劇公演会「学習院リーディングセッション『RUR』」を開催

学習院大学 2018年01月22日 14時05分
From Digital PR Platform




学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻は、2018年2月22日(木)~25日(日)に演劇公演会「学習院リーディングセッション『RUR』」を開催する。チェコの劇作家カレル・チャペックが1920年に発表した、「ロボット」という言葉を生み出したことでも知られる戯曲『RUR』を、多彩な俳優陣による朗読劇として再構成する。会場:学習院大学西1号館1階特設劇場、入場無料、要予約。




演劇公演会「学習院リーディングセッション『RUR』」

人間の仕事を代行させるため、新たな「労働者」が製造された。「ロボット」と名付けられた彼らがやがて世界の原動力となった時、人間たちにはどんな未来が待っているのだろうか―――。

チェコの劇作家カレル・チャペックが1920年に発表した戯曲『RUR』。「ロボット」という言葉を生み出したことでも知られる本作は、ジャーナリストでもあったチャペックの鋭い先見性が垣間見られ、約100年経った現在でも示唆に富んでいます。今回はドラマリーディングの形を存分に活かし、五感に訴えるさまざまな仕掛けとともに、彩り豊かな俳優陣の声の競演をお届けします。

【作】カレル・チャペック
【訳】田才益男(八月舎刊『チャペック戯曲全集』所収)
【構成・演出】多和田真太良
【ドラマトゥルク】関根麻理恵
【出演】板橋恭史(劇団朋友)/金井迪大(劇団S.W.A.T!)/救仁郷将志/窪田壮史/
    椎名健/松山立/平澤萌花(青山ねりもの協会)/蒔村三枝子/吉田直子(CLEO)
【演出助手】田中愛
【美術】吉田健嗣
【衣装】小出美奈
【制作】岡村正太郎・中里昌平
【協力】柴田隆子・西樹里

【公演情報】
日時:2018年2月22日(木)~25日(日)
22日(木) 17:30~
23日(金) 17:30~
24日(土) 13:00~/17:30~
25日(日) 13:00~
・受付開始:開演1時間前/開場:開演30分前
・上演時間:約2時間(休憩なし)

場所:学習院大学 西1号館1階特設劇場
(キャンパス案内はこちら⇒ リンク

入場料:全席自由・無料(要予約)

【予約取扱い】
・CoRich(こりっち)専用ページ
リンク
・Facebook「戯れの会」公式ページ
リンク

主催:学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
共催:学習院大学文学会・英語英米文化学科・ドイツ語圏文化学科・フランス語圏文化学科
製作協力:戯れの会

【問い合わせ先】  
戯れの会
メール:tawamuredrama@gmail.com
Facebook:「戯れの会」/Twitter:@tawamuredrama

学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
cscvroff@gakushuin.ac.jp
03-5992-1404(平日10:00~11:30、12:30~18:00/土9:00~12:30)
※こちらはお問合せ専用です。予約申し込みには対応しておりません。



【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]