logo

清泉女子大学附属図書館が新春企画として「福袋」を用意 -- 図書館スタッフと学生スタッフがテーマごとに3冊を選びパッケージ

清泉女子大学 2018年01月22日 14時05分
From Digital PR Platform




清泉女子大学(東京都品川区)附属図書館では新春企画として、図書館スタッフと学生スタッフ「Ask Me !」が協同で「福袋」を用意した。これは、スタッフ一人ひとりがさまざまなテーマを考え、それぞれ3冊ずつを選書したもの。福袋は図書館内の入口近くにあり、テーマが書かれているメッセージカードがついているので、借りたいものをカウンターまで持参すれば読むことができる。数に限りがあるため、なくなり次第終了となる。




 「Ask Me !」は、「図書館での困りごとは『わたしに尋ねて!』」という意味でネーミングされた、図書館学生スタッフ。書架にある本を一緒に探したり、パソコンを使った検索の手伝いなど、図書館の利用者をサポートしている。
 また、本の紹介カードの作成や、Twitterによる情報発信も行っている。

 今回は、この「Ask Me !」と図書館スタッフが、新春企画として協同で「福袋」を作成。「就活に向けて『働く』ことを考える」「生まれ変わったら猫になりたい」など、学生生活の実感に基づくテーマから学生らしいユニークな視点まで、思い思いの本を3冊ずつ選びパッケージにまとめており、本の世界に親しむきっかけづくりに一役買っている。

○福袋のテーマの例
「生まれ変わったら猫になりたい」
「ミステリーだけど心が一寸温まる!」
「就活に向けて『働く』ことを考える」
「犬はともだち!」など

・清泉女子大学附属図書館HP
 リンク
・Twitterアカウント
 リンク



▼本件に関する問い合わせ先
学長室
TEL:03-3447-5551
FAX:03-5421-3274


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]