logo

Doctor Web、ダウンロード数450万を超える感染したゲームをGoogle Play 上で発見

Doctor Webのウイルスアナリストによって、 Android.RemoteCode.127.origin を含んだ複数のゲームがGoogle Play上で発見されました。このトロイの木馬は、悪意のある様々な動作を実行する追加のモジュールを密かにダウンロードし、起動させます。それらの動作の例として、ユーザーの操作を模倣して密かにWebサイトを開き、サイト上にあるアイテムをクリックするなどがあげられます。

###

Android.RemoteCode.127.origin は呀呀云(Ya Ya Yun)と呼ばれるフレームワーク(ソフトウェア開発キット、SDK:Software Development Kit)の一部です。これは、アプリケーションの機能を拡張するためにデベロッパーによって使用されており、中でも特に、ゲーマー間の通信の維持を可能にすることができます。しかしながら、このプラットフォームはその他にトロイの木馬としての機能も持っています。すなわち、リモートサーバーから悪意のあるモジュールを密かにダウンロードするというものです。

SDKの組み込まれたプログラムが起動されると、 Android.RemoteCode.127.origin はC&Cサーバーに対してリクエストを送信し、その応答として、あらゆる種類の動作を実行することのできる悪意のあるモジュールをダウンロード・起動するコマンドを受け取ります。Doctor Webのスペシャリストは、 Android.RemoteCode.126.origin と名付けられたそのようなモジュールの1つを入手し、調査を行いました。起動されると、このモジュールはC&Cサーバーに接続し、無害であると見せかけた画像をダウンロードするためのリンクを取得します。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]