logo

過酷な温度環境の課題に対処する初のVery Low Profile DRAMを発売

innodisk 2018年01月19日 15時38分
From PR TIMES

監視、ネットワーク、通信市場向けの温度拡張 DDR4 Very Low Profile(VLP)DRAM



[画像1: リンク ]

2018年1月19日、台湾、台北 —産業メモリーモジュールのトップ企業であるイノディスク(innodisk)は、産業グレードの温度拡張VLPシリーズを発売しました。このモジュールは、ネットワーク、監視、通信などの市場の急成長および急激な変化で生じる多数の課題に対処するように設計されております。

成長する監視システム市場
監視システム市場は2016年から2024年にかけて年間17%成長すると予測されております。これがデジタル化の流れと相まって、スマートかつ高速の監視ソリューションに対する需要を喚起しています。これらの監視システムは温度が広範囲に変化する極めて過酷な環境であり、堅牢性がより重視されます。

通信機器市場における大きな変化
通信機器市場は現在、5G実現に向け注力しております。ユーザーはオンラインベースの通信を好む従来の携帯電話を利用しなくなっており、通信会社は先を争って、高速および容易なアクセスへの新しい需要に応えようとしています。ユーザーは、どこにいようが、より厳しい環境条件を伴う遠隔地であろうが、接続速度をより高速にできることを期待しているため、業界はネットワーク更新への投資を継続に行っております。

[画像2: リンク ]


スマートかつ耐久性があるメモリー
新しい温度拡張DDR4 VLPシリーズは、スピードと信頼性の向上に対する需要に対応します。このモジュールは、-40℃から85℃の温度環境下でテストされ認定されており、ロープロファイル(0.738インチ)であるために、小型通信機器、ルーター、ネットワーク機器、監視装置等の組み込むに適しております。品質及び信頼性が高いDRAMモジュールをご提供致します。

CyberMedia Press Centerでもっとニュースを見るなら: リンク

innodisk(イノディスク)について
フォーブルのAsia's 200 Best Under A Billion companiesに選ばれたイノディスクは、産業および企業向けのフラッシュストレージ、DRAMモジュール、組込み用途向けペリフェラルモジュール製品のサービスプロバイダーです。産業用・組込み・航空宇宙・防衛・クラウドストレージ市場の顧客向けに、高品質・高信頼の製品を技術サポートと共にご提供しております。
2005年創設され台湾・台北に本社を置くイノディスクはエンジニアリングサポートおよびセールスチームによって、中国本土、欧州、日本、米国など世界中のクライアントをサポートしております。イノディスクに関する詳細は、ウェブサイトリンク を参照。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]