logo

電磁界と粒子を同時にシミュレーションできる高性能ソフトウェアがAltairパートナーアライアンスに加入

Tech-X社のVSimをHyperWorks®ユーザーに提供開始

Altair Engineering Inc.(Nasdaq: ALTR)はAltairパートナーアライアンス(APA)のソフトウェア製品にTech-X社のVSimを追加することを発表しました。VSimは、複雑な構造体と荷電粒子運動が存在する空間の電磁界をシミュレーションできる数値解析アプリケーションです。数万のプロセッサーコアを使用する超並列計算に対応しているため、複雑な形状や様々な物理現象をモデル化し、実用的な時間内で計算結果を得ることができます。

現在VSimを使用しているボイシ州立大のJim Browning教授は、VSimについて、「VSimのFDTD-PICシミュレーションは強力な並列計算機能を備えているだけでなく、高度なシミュレーションのセットアップや扱いに慣れていない研究者にとっても使いやすいように設計されているため、マグネトロン研究に役立ちました」と述べています。

VSimは、境界条件が埋め込まれた直交座標系の標準的な構造化メッシュ(カットセル)を使って、複雑な形状の多様な問題をシミュレーションできます。形状は、CADモデルからインポートすることも、はじめにVSimComposerで構築することもできます。VSimでは、高次の解析法、カットセルサーフェスからの1次・2次電子放出、分散制御、スパッタリング、電子衝突、フィールドイオン化、準粒子の伝播なども扱えます。電磁気(EM)、マイクロ波装置(MD)、プラズマ加速(PA)、プラズマ放電(PD)などの各用途に特化したパッケージがあり、どのパッケージにも初心者ユーザーに便利なサンプルが豊富に用意されています。

VSim for Electromagneticsは、電磁装置、静電装置、磁気装置の設計に使用できます。地中レーダー探査システムなどのレーダーの相互作用を、全場・散乱場法を用いてシミュレーションしたり、フォトニック結晶などの光学装置や導波管内の伝播をモデル化したりできるほか、共振器や空洞内の振動やQ値を計算することも可能です。

AltairのDirector of Global Business Development, Electromagnetic Solutionsを務めるJordi Soler博士は、「Tech-X社のVSimがAPAに加わり嬉しく思います。これにより、Altairのお客様は新たな分野に対応できるようになるだけでなく、HyperWorksの包括的な電磁界シミュレーションアプリケーション(FEKO、WinProp、Fluxなど)の機能を補えるようになります。VSimはFDTDソルバーとPIC(Particle In Cell)ソルバーを用いて粒子と電磁界を同時にシミュレーションできるため、高出力RFアンプおよび発振器(クライストロン、ヘリックス型TWT、マグネトロンなど)の解析に最適です。VSimでは、マイクロ波装置(導波管や同軸ケーブルなど)のマルチパクタ放電も解析できます。マルチパクタ放電は、性能劣化だけでなく、場合によっては装置の破損をも招きかねない重大な現象です。その他の用途としては、プラズマ放電制御(マグネトロンスパッタリングなど)、プラズマ環境効果(人工衛星の表面帯電など)、半導体フォトニック結晶、レーザープラズマと空洞を用いた粒子加速などがあります」と述べています。

12月20日に開催されたTech-X社の紹介ウェビナーは、こちら リンク でご覧いただけます。ソフトウェアの詳細については、VSimの製品ページをご覧ください。

用語解説

Altairパートナーアライアンスについて
Altairの企業向けHyperWorksプラットフォームでは、企業全体でソフトウェアライセンスを共有する、登録ベースのライセンスモデルを採用しています。顧客は共有ライセンス(レンタル)を利用して、Altairが開発したさまざまなソフトウェアやサードパーティ製ソフトウェアアプリケーションに、必要に応じてアクセスすることができます。Altairパートナーアライアンスによってパートナー企業のアプリケーションを新たに追加してHyperWorksプラットフォームを拡張することにより、Altairは、20以上の自社開発ソリューションを含め、実質的に60以上のアプリケーションを提供しています。ユーザーは取得済みのHyperWorks(レンタル)ソフトウェアライセンスを使って、サードパーティ製を含むすべてのアプリケーションを追加料金なしで利用することができます。比類ない柔軟性と便利なアクセス機能を備えたAPAを利用すれば、ソフトウェアを最大限に活用し、生産性と投資対効果(ROI)を最大限に高めることができます。Altairパートナーアライアンスの詳細については、www.altairhyperworks.jp/APAHomeをご覧ください。

Tech-X社について
Tech-X社は、研究や製品開発でのシミュレーションと設計に適した、高性能の超並列計算ソフトウェアの開発で成果を挙げています。Tech-X社のソフトウェアは、GPUアクセラレーションを用いるWindowsワークステーションから、世界有数の規模のスーパーコンピューターにまで対応しています。専門分野は、電磁場と物質の相互作用、最先端のモデリング、高性能な可視化機能やグラフィカルユーザーインターフェイス、ソフトウェアソリューションの応用、フォトニクス、アンテナ、マイクロ波装置(マグネトロン)、クライストロン、ジャイロトロン、TWT、プラズマ処理反応器、プラズマスラスターなどです。
Tech-X社の顧客には、ウェハーファブ装置メーカー、フォトニクス設計者、防衛関連企業、高出力RF装置メーカーなどの民間企業が名を連ねています。また、高エネルギー物理、核融合、粒子加速器などの政府事業向けのソフトウェアソリューションについても専門的な知見を有しており、官民の双方に高性能のコンピューティングテクノロジーを提供することを得意としています。

Altairについて(Nasdaq:ALTR)
1985年に設立されたAltairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。 2,000人を超える従業員を擁するAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、24ヵ国に69以上のオフィスを構えています。 顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]