logo

ハイセンス・テレビが14年連続して中国市場をリード

ハイセンス(Hisense) 2018年01月15日 11時52分
From 共同通信PRワイヤー

ハイセンス・テレビが14年連続して中国市場をリード

AsiaNet 71866 (0096)

【北京2018年1月12日PR Newswire=共同通信JBN】最新のCMMデータによると、ハイセンス・テレビは2017年末時点で、小売り価値および台数で14年連続の中国第1位になった。ハイセンス(Hisense)・テレビの小売り台数は16.79%に達した。また、ハイセンス・テレビの小売り台数は中国市場の17.96%に達した。これは、第2位のブランドよりも26.5%も多い。

ハイセンス・テレビは国際市場でさらに堅調だった。中国の税関データによると、ハイセンス・テレビの輸出は2017年11月末時点で、対前年比30.8%増大し、ハイセンス・テレビは南アフリカで22.4%、オーストラリアで19.6%のシェアを占め、両国で第1位のシェアとなった。

テレビ市場の激しい競争を背景にして、ハイセンスは妥協した品質および価格で競争するというトレンドに追随することを拒否している。その代わり、ハイセンスは技術革新と高品質規格を追求している。ハイセンスは4Kレーザーテレビ、U9 ULEDテレビ、VIDAA人工知能システムなど革新的で差別化した製品への継続的な取り組みを通じて、ますます大きな市場シェアを獲得している。CMMリポートによると、ハイセンスの55インチ4Kテレビは中国の年間テレビ販売リストで第1位を獲得した。さらに、ハイセンスはトップ20リストでも4製品が入り、表彰リストで最も輝けるスターになった。

ソース:Hisense

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]