logo

東日本国際大学・いわき短期大学が福島工業高等専門学校と連携協定を締結 -- 福島の復興事業を協同で実施

東日本国際大学 2018年01月12日 20時05分
From Digital PR Platform




学校法人昌平黌 東日本国際大学・いわき短期大学(福島県いわき市)は、福島工業高等専門学校(福島県いわき市)と連携協定を締結。これにより、両校は今後、被災地域の復興および福島イノベーション・コースト構想推進に寄与することを目的に、人材育成・人材交流・研究協力などの事業を共同で実施していく。締結式は1月11日に東日本国際大学で執り行った。




 この連携協定は、福島・浜通り地域に「サスティナブル(持続可能)社会」を実現するというビジョンのもと、被災地域の復興および福島イノベーション・コースト構想推進に寄与することを目的に、人材育成・人材交流・研究協力などの事業に共同で取り組んでいくもの。具体的には、福島工業高等専門学校が進める国際的なPBL(project besed learning)「グリーンプログラム」や東日本国際大学が取り組む「心のレジリエンスプログラム」への協力、福島県広野町復興へ向けた共同事業などを進めていく。

 1月11日の協定締結式には、福島工業高等専門学校から中村隆行校長、大槻正伸副校長、原田正光副校長、笠井哲副校長、青柳克弘副校長、学校法人昌平黌から緑川浩司理事長、吉村作治学長、田久昌次郎学長ら教職員の代表が出席した。
 緑川理事長は「文系と理系の教育機関の相互交流を通して、文理融合の新しい人材を輩出したい。福島高専との連携をさらに深めて地域社会に貢献してまいりたい」とあいさつ。中村校長は「福島イノベーション・コースト構想には人材育成が必須の要件です。両校の協力関係を強め、本日の協定を機に、社会の広い要請に応える人材の育成にさらに尽力したい」と述べた。

 また同日、原子力規制人材育成事業・教育研究フォーラム「地域の環境回復と環境安全に貢献できる原子力規制人材の育成」が福島工業高等専門学校で開催され、東日本国際大学・福島復興創世研究所の大西康夫所長が基調講演を行った。

※福島イノベーション・コースト構想
 東日本大震災及び原子力災害によって失われた浜通り地域等の産業を回復するため、当該地域の新たな産業基盤の構築を目指すもの。廃炉、ロボット、エネルギー、農林水産等の分野におけるプロジェクトの具体化を進めるとともに、産業集積や人材育成、交流人口の拡大等に取り組む。
 リンク 

※グリーンプログラム
 福島工業高等専門学校と連携協定を結んでいる米国の公益団体The GREENが実施しているプログラム。同団体は国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現を目指し、国際的なPBL研修を実施しており、世界各地で環境をメインテーマにした研修を企画・実施している。同プログラムは2017年に初めて日本で開催され、同校は世界中から集まった参加者を科目履修生として受け入れた。


▼本件に関する問い合わせ先
学校法人昌平黌 
 東日本国際大学・いわき短期大学
 総合企画部
住所:〒970-8023 福島県いわき市平鎌田字寿金沢37
TEL:0246-85-0232
FAX:0246-85-0231


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]