logo

韓国の仮想通貨企業GlosferがHYCONの国内ICOを行い、8時間で148億韓国ウォンを調達

Glosfer 2018年01月09日 13時37分
From 共同通信PRワイヤー

韓国の仮想通貨企業GlosferがHYCONの国内ICOを行い、8時間で148億韓国ウォンを調達

AsiaNet 71754 (0039)

【ソウル(韓国)2018年1月5日PR Newswire=共同通信JBN】Glosferは調達した資金を、高く評価されているInfinity Projectと全世界ICOのメインセール実施に使用する。

HYCONは新規仮想通貨公開(Initial Coin Offering、ICO)で、調達目標としていた3500BTCを短時間かつ容易に達成した。HYCONの初回ICOの売上高は、正確には3508.355025BTCで、2017年9月25日時点での換算価値は約148億韓国ウォン(約1390万米ドル)に相当した。Glosferの仮想通貨HYCONに基づく仮想通貨エコシステムである同社のInfinity Projectはブロックチェーン技術を使って現実の経済を支援することを目指している。

2017年9月のこのICOは韓国の国内マーケットに限定して実施された。Glosferは2018年5月に全世界でのICOを予定している。

Glosferのテウォン・キム最高経営責任者(CEO)は「この圧倒的な支持は、仮想通貨を現実の経済に使用することを目指す当社のInfinity Projectに対する高い期待を反映するものである。ブロックチェーン技術に基づいて同技術を実際のビジネスに適用し、エコシステムを促進する当社のプロジェクトに対し、人々は非常に大きな関心を示した。当社は引き続きプロジェクトを共有し、マーケットとの意思疎通を図る。そうすることで全世界マーケットを舞台にした当社ICOで、さらに高いレベルの成功を収めることができる」と述べた。

Infinity Projectの1つの達成点であるHYCONのICOの間、マーケット筋と参加者は非常に高い関心を表明した。Glosferは2017年8月から全国規模のビジネス情報セッションを開催し、それ以来、Glosferは同社のプロジェクトとHYCON促進のためFacebook、ブログ、カカオトークを含むソーシャル・ネットワーキング・サービスを使って人々と積極的にコミュニケーションを図った。

Glosferのディレクター、ハンスン・ユン氏は「われわれは、3番目あるいは4番目に大きな仮想通貨の取引国である韓国を支援することに貢献し、世界の仮想通貨マーケットを先導したい。韓国を対象に行ったわれわれの第1回目ICOで明確になった課題を改善し、世界のマーケットを対象にする2回目のICOでは、さらに高いパフォーマンスを発揮したい」と述べた。

Photo - リンク
(HYCONのウェブサイト(リンク))

▽Glosferについて
Glosferは韓国の大手ブロックチェーン企業である。同社はブロックチェーン技術に基づくオープンソース・プラットフォームを提供している。韓国の第1世代ブロックチェーン企業として、同社は仮想通貨取引プラットフォームならびに国際送金サービスのPACKUTHの開発によって現地市場に影響を与えるために、その活動を異なる産業に広げる努力をしている。同社はHYCONコインに基づいたInfinity Projectにより、公共機関と協力しながらブロックチェーン技術をベースにした透明で公正な社会の構築に貢献しながら、同社独自の仮想通貨エコシステムを確立、促進する。

▽問い合わせ先
Jaehan Lee, Manager of Marketing
Glosfer
+82-2-6478-7000
ljh@glosfer.com

Bina Cho, Creative Director
Chris & Partners - Partner of Glosfer
+82-2-375-4620
glosfer@chrisnp.co.kr

ソース:Glosfer

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]