logo

ブライソン、SmartDeviceLink(TM)でクラウド型音声認識、車両情報連携のデモ機開発/SDL対応デモアプリを同時公開

ブライソン株式会社 2018年01月09日 10時01分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]



ブライソン株式会社(本社:横浜市中区、代表取締役:橋満士郎、以下「ブライソン」)は、
SmartDeviceLink™(以下、SDL)に対応したデモ機及び、SDL対応デモアプリの開発完了に伴い、
開発内容を公開致します。

ブライソンは、前回のSDL技術検証に続き、今回のデモ開発の中で培った『SDLの車載器への組み込み
ノウハウ』、『SDLに対応したスマホアプリ(AndroidOS、iOS)開発ノウハウ』を活かし、SDLの実用化
及び商用化に貢献します。


■デモ開発概要1. クラウド型音声認識


[画像2: リンク ]

スマホ経由で、クラウド型音声認識(以下、クラウド音認)を利用し、クラウド音認結果に基づいて、
デモ機内のミュージッアプリを起動/再生できることを確認。

【デモ機】
マイク入力された音声データをSDL対応デモアプリへ送り、SDL対応デモアプリから取得した
クラウド音認結果に応じて、アプリ起動/再生を行うように、標準のSDL Coreを拡張。

【SDL対応デモアプリ】
デモ機から通知された音声データをクラウド音認に送り、取得したクラウド音認結果をデモ機へ通知。


■デモ開発概要2. 車両情報連携

[画像3: リンク ]

SDL Coreで標準的にサポートされていない車両情報(エアコン情報)をSDL Coreに追加。
SDL Coreで標準的にサポートされている車両情報(GPS、車速等)も含め、車両情報がSDL対応デモアプリ側で正常に受信されることを確認。
※今回のデモでは、SDL対応デモアプリ側で、受信した車両情報を表示し、デモ機側から通知している車両情報と
内容が一致しているかについて確認。

【デモ機】
 標準のSDL Coreでサポートされていない車両情報(エアコン情報)を扱えるように、標準のSDL Coreを拡張。

【SDL対応デモアプリ】
 デモ機から車両情報を受信。

◆商標について
・SmartDeviceLink™は、SmartDeviceLinkConsortiumの商標です。
・iOSは、Apple Inc.のOS名称です。IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または
 登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
・Androidは、Google Inc. の商標または登録商標です。

◆ブライソンについて
ブライソンは、これまで「車載×モバイル」連携機能でOEM様、車載器メーカー様の
車載インフォテイメント(IVI)開発並びに機能実現に携わってきました。
今後も、コネクティッド、IVIの研究開発をいち早く推進し、新規格、機能の商用化に向け貢献していきます。

【会社概要】
会社名:ブライソン株式会社
所在地:横浜市中区山下町25番地15 フューチャー山下町5F
代表者:代表取締役社長 橋満 士郎
URL:リンク
事業内容:車載インフォテイメント(IVI)開発/モバイルシステム開発/R&D事業

【お問い合わせ先】
e-mail:customer@brison-inc.jp

▽▽ English version ▽▽

Brison announces the cloud voice recognition using SmartDeviceLink™,
the development of demo machine for the linkage of vehicle information and
the SDL enabled demo app at the same time

[画像4: リンク ]


Brison Inc. (Headquarters: Naka-ku, Yokohama; President: Shiro Hashimitsu) has announced
the contents developed for the demo machine supporting SmartDeviceLink(SDL) and the SDL
enabled demo apps as they have successfully completed.

Following the SDL technology validation that was performed last time, Brison contributes to
productization and commercialization of SDL by utilizing the knowledge of building the SDL
into in-vehicle devices and of the development for SDL enabled smartphone apps (AndroidOS, iOS)
obtained through the development of the demo this time.


■Demo development outline 1. The cloud voice recognition

[画像5: リンク ]

The results confirmed that the music app on the demo machine was invoked and played based
on the recognition result from the cloud voice recognition via smartphone.

【Demo Machine】
The voice data via mic input is sent to the SDL enabled demo app and then the cloud voice
recognition result is obtained from the SDL enabled demo app. The standard SDL Core
has been extended so that it can invoke and play the app based on the recognition result from
the SDL enabled demo app.

【SDL Enabled Demo App】
It sends the voice data from the demo machine to the cloud voice recognition. Then it receives
the recognition result from the cloud voice recognition and sends it back to the demo machine.


■Demo development outline 2. The linkage of vehicle information

[画像6: リンク ]

The vehicle information that is not supported in the standard SDL Core (air conditioning information)
was added to the SDL Core.
The results confirmed that the vehicle information including the standard information such as GPS
and vehicle speed were correctly received on the SDL enabled demo app.
※The demo this time confirmed that the vehicle information sent from the demo machine matched
the vehicle information displayed on the SDL enabled demo app that is the receiving side.

【Demo Machine】
The standard SDL Core has been extended so that it can handle the vehicle information that is not
supported in the standard SDL Core (air conditioning information).

【SDL Enabled Demo App】
It receives the vehicle information from the demo machine.

◆About Trademark
・SmartDeviceLink™ is a trademark of SmartDeviceLinkConsortium.
・iOS is the OS name of Apple Inc. IOS is a trademark of Cisco or trademark of Cisco registered in
the USA or in other jurisdictions and is used based on the license.
・Android is a trademark or a registered trademark of Google Inc.

◆About Brison
Brison Inc. has been participating in the development and the functional realization of in-vehicle
infotainment(IVI) of OEMs and in-vehicle manufacturers in the field of the linkage function
"in-vehicle X Mobile".
We continue to promote R&D of connected/IVI and to contribute to commercialization of new
standard and new function.

【Company Overview】
Company Name:Brison Inc.
Address:Future Yamashita-cho 5F, 25-15 Yamashita-cho, Naka-ku, Yokoham-shi, Kanagawa Japan
President:Shiro Hashimitsu
URL:リンク
Business:Development of in-vehicle infotainment(IVI) / Mobile System / R&D

【Contact】
e-mail:customer@brison-inc.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]