logo

コラム : AI vs アンチウイルス

報道各局は、人工知能に関連するどんなニュースでも報道したがり、企業や業界のオタクたちは、その考えに同意しています。 そして現在、彼らはインテリジェントマシンがマルウェアを無力化できると主張しています。報道によると、これらのマシンは人間に取って代わることになるだろうと言われています。こんな事例があります。

###

ロシアのトムスク市で開発された新しい人工知能は、アンチウイルスの助けを借りずにマルウェアを単独で検出することができます。

また、AIOS (Adaptive Immunity for OS) はマルウェアコードを分析して、誰がそれを作成したかを判断することもできます。科学者たちは、コンピューターを脅かすマルウェアが、アンチウイルス企業自身によって作成されたものであることを証明することに決めました。

専門家は、ほとんどのユーザーがコンピューターの保護に年間1,000ドルを支払うと考えています。PCの健康を脅かす新たなマルウェアは、事実上毎月現れていることに注目してください。マルウェアは絶えず進化しており、自己学習が可能なため、行動を変えることができます。
...

人気のあるウイルス対策ソフトウェアは悪質なソフトウェアを認識できません。ライブラリに置かれている既知のマルウェアを検出する方法をとっているため、アンチウイルスを定期的に更新する必要があります。そのため、まだウイルスデータベースに存在しない悪質なプログラムは検出されません。
...

AIOSの開発者によると、人工免疫システムは100%の成功確率でマルウェアを検出することができます。科学者たちは、この新しいソリューションを使用して、悪質なコードを書くプログラマーが残した個々の意味論的な痕跡をカタログ化する予定です。ウイルスハンターは、マルウェアがどのように動作し、中和するかを調べるだけではなく、マルウェアを作成した人物を探し、法的執行機関に報告します。

「アンチウイルス企業がマルウェアを使ってソフトウェアの需要を増やすことを防ぐことが私たちの主要な課題です。」とユージン・タリン氏は語りました。「オペレーティングシステムメーカーとアンチウィルスメーカーが、何らかの陰謀を抱えている可能性があるので、私たちは適応免疫技術をロシアのオペレーティングシステムに組み込む予定です。」


リンク ※ロシア語

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。