logo

2018年 年頭所感 F5ネットワークスジャパン合同会社 代表執行役員社長 権田 裕一

マルチクラウドとDevOpsを見据え、Every App, Everywhereの施策を推進

F5ネットワークスジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:権田裕一、以下F5)は本日、2018年の年頭所感を以下の通り発表しました。

新年明けましておめでとうございます。

現在、ビジネスを取り巻く環境はテクノロジーの進化によって大きな転換点をむかえようとしています。クラウド、AI、IoTなどの技術革新がますます進むとともに、世界のあらゆる業界でデジタルトランスフォーメーションが起こり始めています。なかでも、昨年はAIやIoTがもたらす計り知れない可能性がさらに注目を集め、そのような新興テクノロジーが社会をどう変えるのかということが多く語られた1年だったと思います。

F5ネットワークスジャパンは、2017年、「プライベートクラウド」、「ハイブリッドクラウド」、「セキュリティ」をビジネスの3本柱に据え、ADCベンダーとしてのクラウドシフト戦略を進めてまいりました。

2018年は、デジタルトランスフォーメーションの動きがさらに加速していくと同時に、さまざまな領域でこれまでのビジネスが激変していくことが予想されます。レガシーの世界が大きく変わり、「クラウドファースト」から「クラウドが前提」となる時代へと入っていくでしょう。そして、その変化を支えるアプリケーションの開発においては、マルチクラウドとDevOpsが必須となってきます。

F5ネットワークスジャパンは、"Application without Constraints"(制約のないアプリケーション)のミッションの下、2018年からは、オンプレミスのミッションクリティカル領域だけでなく、すべてのアプリ、マルチクラウドを対象とするという「Every App, Everywhere(すべてのアプリケーションを、あらゆる場所で)」の施策により、デジタル時代を見据えたビジネスへのシフトを推進してまいります。マルチクラウド対応した新しいADCサービスの強化はもとより、マルチクラウドに適した新しいセキュリティフレームワークを立ち上げていきます。また、当社が提供するすべての製品、サービスをより多くの人に必要な分だけご利用いただけるよう、サブスクリプションモデルやELA(Enterprise License Agreement)の強化にも力を注いでまいります。

2018年が、皆様にとりまして、日本にとりまして、より大きな成長と飛躍を遂げる実り多き1年となりますことを心から祈念申し上げます。

本年も、F5ネットワークスジャパンをどうぞよろしくお願い申し上げます。

F5ネットワークスジャパン合同会社
代表執行役員社長 権田 裕一

F5ネットワークスについて
F5は、世界最大規模の企業やサービスプロバイダ、政府機関、消費者ブランドが、アプリケーションをより速く、よりスマートに、そしてより安全に提供することを可能にします。F5はクラウドとセキュリティに関するさまざまなソリューションを提供しており、これらを活用することでスピードと管理性を犠牲にすることなく、セキュアかつハイブリッドクラウドに対応したアプリケーション基盤を実現できるようになります。
【F5に関する詳細、最新情報】
・F5ネットワークスジャパン ホームページ: リンク
・Twitter: @F5Japan
・Facebook: リンク

関連情報
https://f5.com/jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]