logo

清泉女子大学が「100人で100年プロジェクト」を実施 -- 手作りクリスマス飾りで旧島津公爵邸竣工100年を祝う

清泉女子大学 2017年12月15日 20時05分
From Digital PR Platform




清泉女子大学(東京都品川区)が進める「100人で100年プロジェクト」が大詰めを迎えている。これは、花や緑を通してキリスト教行事を楽しむカトリックセンター「LAS FLORES(ラス・フローレス)」の企画の1つとして行われているもので、「100人で竣工100年記念の本館のクリスマスを飾りたい」という学生・教職員のアイディアからスタートしたもの。完成したクリスマス装飾は学内に飾られ、アレンジメントは12月16日(土)のクリスマスミサで奉納される。




 清泉女子大学の本館は1915年竣工、17年落成の旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館で、1961年7月、清泉女子大学が土地と建物を購入。翌62年4月、神奈川県横須賀から大学を移転し、今日に至っている。
 同大では2015~2017年を本館(旧島津公爵邸)竣工100年と位置付け、これまでさまざまなイベントを行ってきた。

 「100人で100年プロジェクト」は2017年4月、「100人で竣工100年記念の本館のクリスマスを飾りたい」という同大の学生と教職員のアイディアからスタート。有志の学生たちが集まり、時間をかけてひとつひとつパーツを手作りし、リースやアレンジメントなどを作り続けてきた。
 学生たちの手で作られたクリスマス装飾は学内のさまざまな場所に飾られており、材料に大学の庭や正門からの坂道にある木の葉や実を使用していることが特徴。
 12月14日には100人目の参加者を迎え、クリスマスミサ用のフラワーアレンジメント作りを実施。完成したアレンジメントは12月16日(土)のクリスマスミサで奉納される。

(参考)
○清泉女子大学Facebook
 リンク

(関連記事)
・清泉女子大学が10~12月に秋の本館(旧島津公爵邸)見学ツアーを開催 -- 竣工100年を迎えた歴史ある邸内を散策(2017.07.27)
 リンク
・清泉女子大学が5月8日にジャズピアニストの山下洋輔氏のフリーLIVEを開催 -- 「旧島津公爵邸竣工100年記念ライトアップ&イベント」の一環(2017.04.27)
 リンク
・旧島津公爵邸竣工100年を記念し、清泉女子大学が5月7~9日にライトアップ&イベントを開催 -- 幻想的なライトアップとイベントで「100年の美」を祝う(2017.03.25)
 リンク など

▼本件に関する問い合わせ先
学長室
宮澤 弥生
住所:東京都品川区東五反田3-16-21
TEL:03-3447-5551
FAX:03-5421-3274
メール:gakucho-shitsu@seisen-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]