logo

Dr.Web 11.0.2 for macOSをリリース

株式会社Doctor Web Pacific(本社所在地 東京都港区、代表取締役 森 周、以下、株式会社Doctor Web Pacific)は、Dr.Web 11.0.2 for macOSをリリースしました。

新しいバージョンでは、macOS High Sierra (10.13)のサポートしたほか、新しい機能が実装され、発見されたエラーが修正されました。

下記の変更が加えられました。

macOS High Sierraは、カーネル拡張機能のロードについてユーザーに許可を要求するため、アンチウイルスエンジンの拡張機能についてもロードの許可を必要とする旨の通知が追加されました。
Dr.Web for macOSとの互換性のない他社ソフトウェアを検知するパターンが改善されました。

次のエラーが修正されました。

macOS Sierra対応のシステムでは、プロキシとの連携時に発生する問題が解決され、プロキシ認証が不要な場合にはシステムの設定が用いられるようになりました。
macOS High Sierra対応のシステムで正常に表示されるように、インタフェースに若干の変更が加えられました。

バージョン11.0.2へアップデートするには、新しいディストリビューションファイルをダウンロードする必要があります。

ダウンロードページへ
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]