logo

関東学院大学‐三浦半島の食材と消費者、生産者、地元飲食店を繋ぐ!冬の食材を集めた学生マルシェを開催します。~12/11(月)京急百貨店1階 京急線上大岡駅改札口前~

関東学院大学 2017年12月07日 20時05分
From Digital PR Platform




関東学院大学(本部:横浜市金沢区、学長:規矩大義)は、京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:原田一之、以下 京急電鉄)と京急グループの株式会社京急百貨店(本社:横浜市港南区、取締役社長:上野賢了、以下 京急百貨店)の協力により、12月11日(月)に、第4回「K-bizマルシェ」を催します。




これは、関東学院大学で経営学を学ぶ学生たちが「地産物を地域の人に安全に安く届け、地域の魅力をもっと知ってもらいたい」という思いから立ち上げたビジネスプランを、京急電鉄と京急百貨店が全面的協力して実現しているものです。2016年6月に第1回を開催し、今回で4回目を迎えます。
今回のテーマは「繋ぐ」。三浦大根やネギ、希少性の高い寒取ひじきなど冬の食材を集め、それらを使ったおすすめレシピを学生たちが提案。さらに、今回の販売商品を含め、三浦半島産の食材を使用している飲食店を紹介し、マルシェを通して三浦半島の食材と消費者、生産者、飲食店を繋ぎ、三浦半島の魅力をPRします。

【第4回K-bizマルシェについて】
○概要
2017年度新設の経営学部では、社会連携教育プラットフォーム「K-biz」を構築し、実際の企業の現場の視点を取り入れた教育を推進しています。さまざまな業種10社が参画し、現場の企業人と接しながら実際の社会的課題について考え、学び、その解決に取り組むことでビジネス的な視点を身に付けることを目的としています。「K-bizマルシェ」はその中の一つの取り組みとして進めています。
○開催日時
12月11日(月)11:00~15:00 ※販売商品がなくなり次第終了
○開催場所
 京急百貨店1階 京急線上大岡駅改札口前特設会場
○販売商品
三浦大根やネギなど新鮮な野菜や加工食品(神奈川県三浦市 高梨農園)
海産物のり(横浜市金沢区 忠彦丸海苔)
干ししいたけ、生しいたけ、干しきくらげ(横浜市金沢区 永島農園)
寒取ひじき、昆布(神奈川県三浦市 三浦海藻)
つみれ、煮干し粉(神奈川県横須賀市 長井水産)





▼本件に関する問い合わせ先
関東学院大学 広報課
浜香代子 鈴木敦
住所:横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL:045-786-7049
メール:kouhou@kanto-gakuin.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。