logo

富士ゼロックス、モノクロ高速プロダクションプリンターのラインナップを一新

富士ゼロックス株式会社 2017年12月05日 16時24分
From 共同通信PRワイヤー

11月28日

富士ゼロックス株式会社

富士ゼロックス、モノクロ高速プロダクションプリンターのラインナップを一新、印刷品質・生産性を向上

B9シリーズ:カラー機で培った技術を生かし性能を大きく向上、プリントオンデマンド/基幹出力業務まで幅広く支援

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、モノクロ高速プロダクションプリンターのラインナップを一新し、オフィス市場ならびにグラフィックアーツ市場向けに「B9136 Light Publisher / B9125 Light Publisher / B9110 Light Publisher リンク」を、コンピュータープリンティングシステム市場向けに「B9136 Printer / B9125 Printer / B9110 Printer リンク」を、2018年2月9日から国内で発売いたします。

大量のデータを短時間で出力する必要がある基幹出力業務においては、安定的に稼働する生産性の高いプリンターが必要とされています。また、昨今、印刷業や一般企業においてカラー印刷が普及していますが、マニュアル、明細書、本、同人誌などモノクロ印刷に対するニーズは依然 根強くあり、日々変わる消費者ニーズの多様性を背景に、短納期で必要な部数だけ印刷が可能なオンデマンドプリンターが求められています。

新発売の「B9シリーズ」は、5年連続マーケットシェアNo.1*1の実績と信頼を背景に、生産性・信頼性・耐久性を従来機*2に比べさらに向上させました。オフィス市場、グラフィックアーツ市場から基幹業務出力まで、多種多様なモノクロ出力用途のニーズに応えます。

プロダクションプリンターに求められる高い生産性と安定性を実現
B9シリーズは片面も両面も136ページ/分の高速連続プリントを実現。従来より低い温度での定着が可能なEA-Eco LGKトナーと、安定した熱供給が可能なロール式定着器により、高速走行する用紙への確実な定着を実現しました。
また、急カーブのない輸送経路により、用紙の安定した高速走行を可能にしています。両面プリント時などの用紙反転機構を縦型にすることで、搬送経路の曲がりが少なくなり、用紙詰まりを減らす設計にしました。

より美しく高品位なプリントを簡単に
プリンターの心臓部であるROS*3の光源にVCSEL*4を採用することで、2400×2400 dpiの高解像度と高速プリントを実現しました。

また、粒径が6.5μmと小さいEA-Eco LGKトナーにより、写真などのグラデーションは美しく滑らかに、図などの中間調は均一に、小さな文字は明瞭に再現します。EA-Eco LGKトナーはテカリを抑える特長を持つことから、モノクロプリンターの主な表現対象である文字を、テカリを抑え、目にやさしく読みやすくプリントします。
さらにモアレの発生を抑えるFMスクリーンを含む、さまざまなスクリーン設定*5を選択できるほか、細線や文字の輪郭のジャギー(ギザギザ)を改善する「エッジエンハンス」処理と、文字の太りや白抜き文字のつぶれを改善する「白抜き文字の強調/黒文字の細線化」処理を本シリーズに初搭載することにより、画質を向上させます。

高画質 / 高速処理の自社開発プリントサーバー
プロダクションカラー機で実績のある自社開発のコントローラー「GX Print Server」を、このたびモノクロ商品にも初めて採用。ハードウェアの改善と、カラープロダクションプリンターで培ったサーバーの画像処理技術により、RIP処理の高画質化と高速化を実現しました。プリントサーバーで、600×600 dpi、8 bit(256階調)でRIP処理を行い高品質な画像データを生成し、さらに、プリンター本体で富士ゼロックス独自のHQデジタルスクリーン技術(MACS)により 2400×2400 dpiの高精細でなめらかなスクリーン画像を生成します。これらのデータ処理技術により、プリントエンジンの性能を最大限に発揮する高画質化を実現しました。

また印刷業界の標準規格であるJDF*6をサポート。印刷業務の統合ワークフローシステムとの連携*7で、オフセット印刷機とデジタルプリンターのハイブリッドワークフローを構築することができます。またHorizon社の印刷ワークフローシステム「pXnet」と連携した後処理設定の自動化により、経験の浅いオペレーターでもミスのない運用が可能です。

 富士ゼロックスは、これからもプロダクションプリンティングのパイオニアとして、商品ラインアップを強化し、お客様のビジネス拡大に貢献します。

*1 IDC WW HCP Tracker 2017Q3
Monochrome Laser, A3 cut Sheet, Monochrome 91+ppm, Light Production/Mid Production /Production の条件においてCompany 区分のXerox Group として。2012年~2016年までの5年間
*2 D136 Printer、D136 Light Publisher
*3 Raster Output Scanner(走査型露光装置)
*4 Vertical Cavity Surface Emitting Laser(垂直共振器型面発光レーザー)
*5 ART EXドライバー使用時は6種類、PostScriptドライバー使用時は12種類、プリントサーバー接続時は10種類
*6 Job Definition Format
*7 富士フイルム株式会社「FUJIFILM WORKFLOW XMF」、株式会社SCREENグラフィックソリューションズ「EQUIOS」「Trueflow SE」と連携

【標準価格(税別)】
B9136 Light Publisher  11,300,000円
B9125 Light Publisher  9,630,000円
B9110 Light Publisher  7,980,000円
GX Print Server for the B9 Series 3,500,000円
B9136 Printer 12,000,000円
B9125 Printer 10,340,000円
B9110 Printer 8,790,000円 



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]