logo

コラム : ドロッパーの勧誘にご注意を

この問題では、「ネットバンキングのうまい話にはご注意を」でふれたドロッパー(マネーミュール)について詳しく説明します。
では、このドロッパーとは何でしょうか? 彼らは何をしていたのでしょうか?
ドロッパー(ミュール)は詐欺組織のメンバーです。彼らは盗んだカードを使用してATMからお金を引き出すなど、法執行機関によって逮捕される可能性のある任務を実行します。一方、雇用者は安く雇い入れたドロッパーを消耗することで安全を保ちます。

###

トライデント違反操作中に、大規模なZeuSボットネットの組織とメンテナンスに参加した100人以上の人々が、米国、ウクライナ、およびイギリスで逮捕されました。

逮捕された者の大部分は20歳から25歳の間で、彼らは、主にモルドバ、ウクライナ、ロシア、ベラルーシ、カザフスタンの学生でした。

リンク、«ИПЮгай » (ロシア語)

ドロッパーは、獲得した現金の割合を提供されます。引き出されたお金は上司に渡されます。もちろん、ドロッパーはそれを手渡しするわけではありません。新しい銀行口座を開設し、その口座に資金を入金、提供されている口座情報を使って既存の口座に振り込むことができます。 例えば、銀行カードとその暗証番号は、郵送でドロッパーに送られます。仕事はとても簡単です。 口座番号を取得し、現金を引き出し、別の口座に預けて、分け前をもらって、幸せに暮らす。悲しいことに、誰も彼らが犯罪者の仲間になったと警告しませんでしたが、その行為は法律によって処罰されます。しかし、たとえドロッパーが捕まらなかったとしても、物事はバラ色ではありません。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]