logo

累計100万PVを超える大人気Webマンガシリーズ『SNSポリス』ファン待望のアニメ化決定!

株式会社ツインプラネット 2017年10月18日 16時21分
From PR TIMES

~松村沙友理(乃木坂46)がメイン声優として出演決定!~

TwitterやFacebookなどのSNSにおいて頻繁に見られるユーザーの行動がおもしろおかしく描写され、多くのファンを持つWebマガジン『SNSポリス』が、この度配信アニメ化が決定いたしました。今回のアニメ化に際して、声優はSNSに強いインフルエンサーを中心にキャスティング予定です。 第一弾として、乃木坂46で人気を誇る松村沙友理がメイン声優として発表されました。なお声優出演権争奪オーディションが、ライブ配信プラットフォームSHOWROOMでの開催も今後予定されています。(詳細は後日SHOWROOM特設サイトにてアップいたします。)
今後発表される、その他のキャスティングにも、ぜひご注目ください。






[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

■松村沙友理(乃木坂46) プロフィール
1992年8月27日生まれ。乃木坂46第一期メンバーオーディションに合格。2015年からは、『CanCam』の専属モデルも務めている。愛称は、さゆりん・さゆりんご・まっつんなど、テレビアアニメ「少年アシベGO!GO!ゴマちゃん」や「クリオネの灯り」で声優にも挑戦。映画やドラマ、モデルやバラエティ等、幅広いジャンルで活躍中。


【SNSポリスとは】
漫画家・かっぴー氏が2015年から2016年にかけて、webマガジン「kakeru」上で連載されていた人気漫画。TwitterやFacebookなどのSNSにおいて頻繁に見られるユーザーの行動がおもしろおかしく描写されており、芸能界でもファンが多い。Facebookのユーザーの元に「フェイスブックポリス」を名乗る二人組が現れ、「投稿の中身も見ずに『いいね!』を連発する」「読みもしないニュース記事へのリンクを『あとで読む』などのコメントをつけて掲載する」等の行為を行うユーザーを「極悪犯」として「検挙」する。この『フェイスブックポリス』がインターネット上で人気を博し、対象をFacebookからSNS全般に広げたことが『SNSポリス』のはじまり。

【 SNS ポリス原作者 かっぴー】
1985年7月23日生まれ 漫画家、株式会社なつやすみ代表取締役社長。
漫画「フェイスブックポリス」を WEBサイトへ公開し、大きな反響を呼び漫画家デビューを果たす。「フェイスブッ クポリス」の続編「 SNS ポリス」をはじめ「おしゃ家ソムリエおしゃ子」などWEB連載を多数手がけた後、初の長編漫画「左ききのエレン」が少年ジャンプ+にて連載中。

【SNSポリス 配信アニメ詳細】
■プロデュース:谷内田彰久 『拝啓、民泊様。』 『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』
■アニメーション監督:星子旋風脚 劇団東京リトルバン主宰『ストレス怪獣 シャンディガフ』 『宇宙漂流ヒマラヤ』
■製作:SNSポリス製作委員会
■配信予定時期:2018年予定
■公式HP: sns-police.com
■ SNSアカウント:Twitter/ @SNSPolice2017

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]