logo

デザインとスポーツ性のために仕立てられた ニューポルシェ718 GTS

ポルシェジャパン株式会社 2017年10月18日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

デザインとスポーツ性のために仕立てられたニューポルシェ718 GTS

抜群の性能とエクスクルーシブな装備


ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、718ボクスターGTSと718ケイマンGTSによって、ミッドシップエンジンのモデルシリーズを拡張します。新開発されたインテークダクトと2.5リッター4気筒水平対向エンジンのために最適化されたターボチャージャーによって、両モデルの最高出力は269kw(365PS)に向上しています。これは、718 Sを11kW(15PS)、自然吸気エンジンを搭載した先代GTSを26kW(35PS)上回ります。ニュー718ボクスターGTS/718ケイマンGTSには、6速トランスミッションとオプションでポルシェ ドッペルクップルング(PDK)が用意されており、スポーツクロノパッケージ、機械式リアディファレンシャルロックを備えたポルシェ トルクベクトリング プラス(PTV Plus)、および車高を10mm低く設定するポルシェ・アクティブサスペンション・マネジメントシステム(PASM)など、多数のオプションが標準装備されます。

性能を高めるさらに大きなパワー
430N・m/1,900-5,000rpmの最大トルクが優れた加速と俊敏性を提供します。GTSモデルのPDKとスポーツクロノパッケージ仕様車の0-100km/h加速タイムは4.1秒、最高速度は290km/hに達します。

GTS特別仕様:インテリアとエクステリアの多数のブラックエレメント
GTSモデルは、テクノロジーだけでなく視覚面でも718モデルラインの中で特に際立ちます。フロントの新しいスポーツデザインエプロンは、モデルのスポーティな特徴を強調します。フロントライトモジュールとバイキセノンヘッドライトはGTSモデル特有のブラックに着色されます。リアのティンテッドテールライト、ブラックのロゴ、ブラックのリアエプロン、および中央に配置された標準装備のスポーツエグゾーストシステムのブラックのテールパイプは、GTSにユニークな外見を付け加えます。ドア下部のブラックのGTSロゴとブラック(サテンフィニッシュ)に塗装された20インチホイールがサイドビューを引き立てます。

高品質のアルカンターラとポルシェ トラックプレシジョンアプリ
インテリアもGTSのDNAによって形成されています。スポーツクロノパッケージ(標準装備)のストップウォッチがダッシュボードの中央コンポーネントに統合され、運転席と助手席は、他のポルシェGTSモデルと同様にセンタートリムにアルカンターラを使用したスポーツシートが標準装備されます。ヘッドレストにGTSロゴを冠したスポーツシートプラスは、2 wayの電動調節機能を備え、サイドサポートと快適性が強化されています。ステアリングホイールトリム、センターコンソール、およびアームレストなど、インテリアにはアルカンターラが多用されています。特にスポーツ志向のドライバーは、ポルシェ トラックプレシジョンアプリ(PTPA)によって、スマートフォン上でのドライビングデータの自動記録、表示、および分析が可能です。



<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]