logo

情熱革命シリーズ第三弾「地域再生7つの視点」

神戸志民党 2017年10月06日 10時00分
From Digital PR Platform


十分な潜在的エネルギーを蓄えている炭でもただ火をつけただけではなかなか燃え上がりません。最初の熱源を大事に育てる助走期間があって、次には、ばらばらだった熱源同士が結びついて・・・という過程があります。少年野球、大学、神社、シルバー世代・・・と次々と登場する成功事例を読んでいると、一方で、そのすべてがもともとからある資源のリメイクだったことに気づきます。
無から有を生み出すわけではありません。眠った資源を生かすためのプロデュースにはプロボノという着火剤は必要なのだと思います。この本でうたわれていることを、自分の出身地である地方都市にあてはめたらどんなことができるのだろうか、と想像を膨らませてくれる一冊。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]