logo

株式会社INTHEFOREST、パブリッククラウド(Microsoft Azure向け)Cassandraフルマネージドサービス開始

株式会社INTHEFOREST 2017年10月04日 06時00分
From PR TIMES

株式会社INTHEFORESTは日本マイクロソフト株式会社が提供するパブリッククラウド「Microsoft Azure」を基盤としたCassandraのフルマネージドサービスを開始。CassandraおよびHadoopの有資格者を中心にフロントからバックエンドの開発、運用体制構築および運用まですべてのサービスを必要に応じた組み合わせで提供いたします



[画像: リンク ]

2017 年 10 月 4 日、東京:
株式会社INTHEFOREST(所在地:東京都練馬区。以下INTHEFOREST)は日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、以下「日本マイクロソフト」)が提供するパブリッククラウド「Microsoft Azure」を基盤としたCassandraのフルマネージドサービスを開始することを発表しました。

近年、高負荷、大規模のデータ(いわゆるビッグデータ)の活用が増加の一途をたどっています。既存のRDBMSにて扱うことが難しくなってきたこれらの大規模データを容易にコントロールするためにNoSQLと呼ばれるデータベース群が活用されています。CassandraはこのNoSQL群の中でも高い書込みレスポンスとP2P技術を応用した単一障害点(SPOF)の無い分散データベースシステムとしての特徴をもち、拡張性、信頼性において世界でも高い評価を得ています。
INTHEFORESTは日本でいち早くCassandraの商用サポートを開始し、Cassandraの普及に貢献しています。しかし、Cassandraは既存のRDBMSとは異なる構造しており、Cassandraを有効に活用するにはCassandraaに対する十分な知識とノウハウを必要とする場面が数多くあります。また、今までの受動的なサポートサービスでは補いきれない活用の問題点が見られるようになってきました。

INTHEFORESTは長年のサポートサービスによるノウハウとCassandra向けの環境構築およびアプリケーション開発の経験を元に、Cassandraのフルマネージドサービスを提供することとなりました。サービスの基盤としては、大規模データの活用に求められるスケーラビリティの観点から、世界最大のリージョン数を展開するMicrosoft Azure を採用します。Microsoft Azure は、金融情報システムセンター(FISC)の「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書」や、日本セキュリティ監査協会 (JASA)の「クラウド セキュリティ (CS) ゴールド マーク」を早期に取得しています。これにより、金融機関をはじめとした企業が必要とするデータのプライバシーやセキュリティ、規制上の要件への対応が明確であり、データに対する市場のニーズに高いレベルで応えている唯一のクラウドプラットフォームです。
このサービスはCassandra単体にとどまることなく、Microsoft Azureを基盤に、Hadoop/SparkのPaaSであるAzure HDInsightや、IaaS上で稼働するCloudera Enterprise、更にはAzure Machine LearningやMicrosoft Cognitive Serviceと組み合わせることにより、クラウドで利用可能なAIテクノロジーを活用したより柔軟でデータの活用範囲を飛躍的に広げるアプリケーション開発を行うことが可能です。Microsoft Azureは柔軟な拡張性と容易なUIにより拡張することを特徴とするCassandra特性と非常に相性が良く、開発、運用管理を含めて柔軟な対応を可能とします。

INTHEFORESTではCassandraおよびHadoopの有資格者を中心にフロントからバックエンドの開発、運用体制構築および運用まですべてのサービスを必要に応じた組み合わせで提供いたします。

提供価格は月額30万円(税別)から(Cassandra、Spark、Hadoopサポートの場合。商用サポート付きのDataStax Enterpriseを利用の場合は別途費用が必要。)販売目標として今後1年間で10ユーザー程度を想定しています。

今後もより一層のCassandra普及を目指して活動を行ってまいります。

なお、本発表にあたり、パートナーから賛同文をいただいています。

日本マイクロソフトは、INTHEFOREST様より、CassandraのフルマネージドサービスをMicrosoft Azure上でご提供されることにより、お客様のMicrosoft Azure上でのオープンソースの導入をご支援、促進されることを、心より歓迎いたします。これまで以上にオープンで安心して利用できるクラウド基盤の構築・運用が容易となり、Cassandraを活用されるお客様のクラウドニーズにお応えできるものと考えております。今後も日本マイクロソフトは、INTHEFOREST様との連携を強化し、より多くのお客様のクラウドを活用したビジネスの発展に寄与してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
クラウド & エンタープライズビジネス本部 
業務執行役員 本部長 浅野 智 様


関連URL
リンク


Apache Cassandraについて
Apache Cassandraは、オープンソースの分散データベース管理システムです。大規模データの格納を高負荷環境下でスムーズに出来るようにする為、拡張性、耐障害性に優れており近年では大規模データベースプラットフォームとして世界中で活用されています。


株式会社INTHEFORESTについて
2011年1月設立:日本で初めてCassandra商用サポートを提供。多数のCassandraユーザーのサポートを行っております。また、代表冨田は日本CassandraコミュニティーにおいてCassandra勉強会やCassandra Summitを多数開催し、コミュニティーの普及に尽力しております。
詳しくは会社HP(リンク)をご参照ください。

本件に関するお問い合わせ
株式会社INTHEFORESTまでご連絡ください。
株式会社INTHEFOREST
電話:03-5848-2424/メール: salse@intheforest.co.jp

-以上-

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]