logo

業界初、「Players1st」がアスリートのメディア掲載情報を自動で検索投稿する機能「PRパス」をリリース。手間のかかるPR業務を登録選手に無料で提供。

株式会社プレイヤーズファースト 2017年10月03日 11時10分
From PR TIMES

株式会社プレイヤーズファースト(東京都世田谷区、代表取締役 : 深海寛信)は、アスリートのクラウドスポンサー募集サービス「Players1st(プレイヤーズファースト)」にて、アスリートのメディア掲載情報を自動で検索し投稿する機能「PRパス」をリリースしました。数多くのニュースサイトから選手名を検索し、SNSなどに投稿するまでを完全自動化。手間のかかる作業を自動化することによって、マイナーな選手でも無料でPRマネージメントサービスを受けることができます。この機能はPlayers1stに登録したすべての選手に適用されます。



「Players1st(プレイヤーズファースト)」リンク

[画像1: リンク ]


■「PRパス」とは
多数のニュースサイトの膨大な記事の中から登録選手に関する記事を検索し、マッチした記事をメディア掲載情報として投稿を行う機能です。投稿は毎朝7時に行われ、前日分のニュースが対象となります。投稿はPlayers1st内およびPlayers1stのFacebookページとTwitterにも同時に行います。この一連の作業をPlayers1stが開発したシステムが行い、完全自動化を実現しています。
[画像2: リンク ]


■アスリートマネジメント業界では初
アスリートのメディア掲載情報の公開は、今までマネージメント会社もしくは資金力のあるクラブのみが行っていました。検索作業は人の手では非常に手間がかかり、アスリート自身が行うには負担が大きすぎるために、マナー競技のアスリートはやりたくてもやれない課題がありました。
この課題を解決するためPlayers1stがシステムを開発し完全自動化を実現。Players1stに選手登録した全てのアスリートが、手間やコストをかけずにメディア掲載情報を発信することができるようになりました。システムによる完全自動化はアスリートマネジメント業界では初となります。「PRパス」はPlayers1stに登録したすべての選手に適用されます。選手登録は無料でいつでもPlayers1stサイトから行なえます。

■「PRパス」によって投稿されたメディア掲載情報
Players1st内に投稿された掲載情報
[画像3: リンク ]


Facebookページに投稿された掲載情報
[画像4: リンク ]


Twitterに投稿された掲載情報
[画像5: リンク ]


■今後について
世界で戦うアリートの環境改善に向け、効果的なPR・プロモーション機能の開発やテクノロジーをスポーツに活かす取り組みを続けていきます。また、オリンピック・パラリンピック、ワールドカップなど世界で戦うアスリートを支えるスポーツインターネットサービスとして、アスリートの新規登録を進めていく予定です。

■Players1stとは
「Players1st」は、現役アスリートのためのクラウドスポンサー募集サービスです。PR・認知向上・ファン獲得・スポンサー獲得・セカンドキャリア支援など選手に必要な活動を総合的にサポートし、インターネット上で支援したい個人や企業を繋げます。ユーザー登録はアスリート・サポーター共に無料です。

■登録アスリートについて
現在、日本代表フットサル選手、日本代表ビーチサッカー選手、東京オリンピックや冬季オリンピック出場を目指す選手など国内トップレベルのアスリートが利用しています。アスリートの登録はPlayers1stのサイトからいつでも行なえます。

会社概要

[画像6: リンク ]

社名 株式会社プレイヤーズファースト
所在地 東京都世田谷区北烏山1-9-18
代表取締役 深海 寛信
設立 2016年3月23日
企業URL リンク
サービスURL リンク
事業内容 アスリートのクラウドスポンサー募集サービス「Players1st」の開発・運営

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]