logo

シニア世代がアプリを使ってデザイナー体験!

NSGグループ 2017年09月28日 09時00分
From Digital PR Platform


NSGグループの株式会社チアリーが運営する、パソコン市民講座(パソコン、タブレット、スマートフォン教室)では、毎月様々なイベントを開催しており、シニア世代の方々を中心にパソコンなどを使ってモノづくりを楽しまれています。

9月のイベントでは全国の教室でパソコン・タブレット・スマートフォンを学習している在校生・卒業生に向けて、タブレットでおかしの包み紙をデザインするアプリを紹介し、家族やお孫さんの写真や、お気に入りの写真、イラストなどを組み合わせて、思い思いのデザインに仕上げていく体験をしていただきました。イベントでは同世代の仲間たちが集まるので、初対面でも写真に纏わる思い出話に花が咲き、新しい出会いや仲間づくりも盛んにおこなわれています。

【受講生 小谷さんのコメント】
パソコン市民講座歴14年になりますが、イベントへの参加が一番の楽しみです。
普段はワードやエクセルを自分のペースでコツコツと学んでいますが、和気あいあいと交流しながら新しい世界を体験することができるので、毎月欠かさず参加しています。日々の授業では学べない特別感と、1人だと「やってみたいけど難しそう」としりごみしてしまうことや、やってみようと思っても途中で「もういいか」と断念してしまうことが多々ありますが、先生や他の方と一緒にすることで、きちんと最後までやれることと、新しく出来ることが増えるのがとても楽しいです。おかしの包み紙に自分の写真を入れて注文ができるなんて、まったく知りませんでした!
イベントでは自分でやるとそのまま使ってしまう写真をキレイに加工することができたり、コンテストではちょっとでもいいものを!と張り合いができたりします。まだまだ知らないいろんなことがあるんだ!と驚きと楽しさを参加するたびに感じています。また、イベントに参加することで、教室内でお友達ができました。パソコン教室に通うことで、お友達が増えるなんて思ってもいませんでした。作品を作ると教室でお互いに見せ合ったりすることも教室に行く楽しみの一つになっています。

小谷さんが参加したこのイベントは、パソコン市民講座が在校生や卒業生向けに提供している「プレミア倶楽部」に所属する方全員が参加することのできる教室イベントで、2008年から始まり毎月実施しています。 シニア世代が抱くパソコン・タブレット・スマートフォンの印象はどうしても「難しい」「覚えられない」といった不安要素が多くなりがちですが、それぞれの機械の「使い方」だけを学ぶのではなく、独学では気づくことのできない「楽しみ方」が広がると、小谷さんのように楽しみにされている方が多数いらっしゃいます。今年はストラップ作りやカレンダー作りなどの年間を通じて大人気のイベントが控えています。

【パソコン市民講座】
(株)チアリーが全国99か所で運営するパソコン教室。2002年の開校以来、15年で50万人以上の卒業生を排出。「自立」と「つながり」を教育ポリシーに掲げ、個別映像授業スタイルでシニア・主婦層を中心に指導。現在、受講生8,500名、プレミア倶楽部会員12,500名。


法人名:株式会社チアリー
所在地:大阪市中央区備後町2-6-8サンライズビル13F
代表者名:和田 浩一
URL: リンク

<プレスリリースに関するお問い合わせ>
担当者名:別所 知美
TEL:06-6264-3811
FAX:06-6264-3822
e-mail: tbessho@pc4353.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。