logo

Python3エンジニア認定基礎試験 模擬問題β版を無料公開

プログラミングスクールの株式会社Dive into Code(代表取締役 野呂浩良、本社所在地 東京都渋谷区)はPython3エンジニア認定基礎試験 模擬問題β版を本日無料公開しました。一定期間のフィードバックによる品質向上の後、正式版として無料公開を継続いたします。

Python3エンジニア認定基礎試験の試験運営団体である一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事:吉政忠志氏より「Pythonエンジニア育成推進協会は、Dive into CodeのPython人材育成の取り組みを評価します。Pythonエンジニア育成推進協会は認定スクールであるDive into Codeを今後も支援し、Pythonエンジニアの育成環境の強化に努めます。」とのコメントを頂いています。

◆Python3エンジニア認定基礎試験 模擬問題β版について
使用料金:無料(正式公開後も無料)
企画監修:Dive into Code 中尾 亮洋
設問数:計80問

DIC Python3エンジニア認定基礎試験 模擬問題β版は以下の「DIVE INTO EXAM」よりご利用できます。

リンク

用語解説

■Dive into Codeについて
国内におけるテクノロジー教育のリーディングカンパニーとして、教育の品質向上、学習者の就業力強化や就業支援を行なっています。未経験から実務で通用するエンジニアを育成するべく、Ruby on RailsやAI教育を展開しています。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]