logo

あいおいニッセイ同和損保とテクノスデータサイエンス・エンジニアリング 『ビッグデータ解析・AI事業において資本業務提携』

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社 2017年09月25日 14時00分
From PR TIMES

MS&ADインシュランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:金杉恭三、以下あいおいニッセイ同和損保)と、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社(東京都新宿区、代表取締役:城谷直彦、以下TDSE)は資本業務提携(あいおいニッセイ同和損保がTDSEに56百万円出資:持株比率7.96%)を行い、ビッグデータ解析・AI(人工知能)構築事業に共同で取り組んでいきます。

TDSEは、国内最高峰のデータサイエンティスト及び幅広い業界での経験を有したビジネスエンジニアを抱えています。設立以来、金融、製造、流通・情報サービスなどの大手企業で200テーマ以上のコンサルティング・解析実績があります。AI構築ノウハウ及び経験を豊富に備えており、独自開発の人工知能製品「scorobo(R)」も提供しています。

あいおいニッセイ同和損保は、テレマティクス技術の活用の高度化、先進技術の研究などを通じて、「自動車保険のパイオニア」としてサービスを提供しています。今後テレマティクス技術のIoT領域への活用拡大により、付加価値の高まったサービスの構築を進め、人工知能やフィンテックなどのICTを活用した新たな保険募集スタイルの創造、地方創生政策と連動した地域密着営業の展開を通じたマーケットの拡大に取り組んでいます。

あいおいニッセイ同和損保とAI構築・解析技術を持つTDSEとの提携により、両社のパートナーシップを構築し、中長期的な企業価値向上を目指します。さらに大学・研究機関との連携により、データサイエンスを支える人材育成についても協力していきます。

<今後予定しているプロジェクト内容>

[表: リンク ]


以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。