logo

テクノロジーが変革するアジアのヘルスケア産業:医療テクノロジーが体外診断用医薬品に生み出す大きな成長機会

テクノロジーの進化がヘルスケア産業にもたらす影響は、体外診断用医薬品(IVD: In-Vitro Diagnostics)の領域にも及びつつあります。革新的な医療テクノロジーの進化によるヘルスケアエコシステムのパラダイムシフトに伴い、アジア太平洋地域のIVD市場は今後大きな成長が見込まれています。感染症の診断検査での分子診断検査の採用拡大や、ハイスループット化(高速大量処理)を通じた検査の自動化と業務効率の改善、デジタルパソロジー(デジタル病理画像による病理診断)が、アジア地域における診断検査ビジネスの今後を大きく左右する主な要素となっています。

フロスト&サリバンの調査分析「体外診断用医薬品(IVD)のアジア太平洋地域における成長機会:2021年に向けた展望」によると、アジア太平洋地域のIVD市場は、2016年から2021年にかけてCAGR(年平均成長率)6.3%で成長し、同市場規模は2016年の144億4000万米ドルから2021年には196億4000万米ドルに成長する見通しとなっています。

「アジア太平洋地域のヘルスケア市場では多岐にわたる民間ヘルスケアセクターの台頭や、より質の高い医療ケアへのマーケットシフト、民間医療保険の拡大、医療ツーリズムの高い需要などによって、新しい医療テクノロジーの活用において欧米に引けを取らないレベルに進化しています。この様な大きな市場ポテンシャルや市場機会が存在する一方で、偏った需要や、流動的な規制環境、限定的な市場参入といった大きな課題が、市場成長の妨げとなっています」と、フロスト&サリバンのトランスフォーメーショナル・ヘルスケア部門のリサーチアナリスト、サンジーブ・クマールは述べます。

アジア太平洋地域のIVD市場の重要なトレンドは以下が挙げられます:

・分子診断検査およびPOCT(迅速検体検査)市場の高い成長と導入拡大
・オンコロジー診断の革新的な診断検査法への移行
・リキッド・バイオプシー、次世代シーケンサー(NGS)、マイクロフルイディクス、マルチプレックス分子診断などの新興テクノロジーの活用
・精密医療市場での優位性確立を目指す企業間での新製品開発や製造販売における競争
・マシンラーニング(機械学習)やビッグデータの診断検査における活用
・病気の予防のための診断検査や早期段階でのスクリーニング、治療法の選定や健康状態のモニタリングに注力したビジネス展開

「IVD業界におけるデジタルパソロジーや精密医療、ヘルスアナリティクスといったデジタルイノベーションは、アジア太平洋地域における医療ケアの提供モデルに大きな転換をもたらしています。IVD市場は個々の業務の自動化から、検査全体の自動化へと移行し、医師や保険者、規制当局や公的機関などの多岐にわたるステークホルダーが、テクノロジーを用いたコネクテッドサービスを要求するモデルへと移行するでしょう」とクマールは話します。

■ 本調査分析「「体外診断用医薬品(IVD)のアジア太平洋地域における成長機会:2021年に向けた展望」
▽サンプルはこちら:リンク
▽見出し・概要の閲覧およびご購入はこちら:リンク

▽フロスト&サリバンのトランスフォーメーショナル・ヘルスケア部門のサービスご紹介:リンク

**********************************************
【ヘルスケア業界の展望に関するセミナー開催のお知らせ:10月11日 パシフィコ横浜】

「BioJapan / 再生医療JAPAN 2017」にて、2025年のヘルスケア産業の見通しを発表する講演を10月11日に開催します。

【開催日時】 10月11日(水)11:15~11:45
【講演テーマ】「2025年に向けたヘルスケア産業の変革と展望:医師不要の医療ケア、Internet of Medical Things、スマート病院が変革するヘルスケアサービス」
【話者】レニータ・ダス(フロスト&サリバン トランスフォーメーショナル・ヘルスケア部門SVP、パートナー)
▽弊社講演に関する詳細はこちらをご参照下さい:リンク

**********************************************
フロスト&サリバンについて:
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 リンク

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 
広報担当:辻 安奈
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
URL: リンク

▽フロスト&サリバン プレスリリース一覧:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]