logo

SUUMO『2016年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査 (首都圏版)』を発表!

株式会社リクルート住まいカンパニー 2017年09月15日 10時30分
From Digital PR Platform


株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長 淺野 健)は、賃貸物件を契約した人を対象に調査を実施してきましたが、このたび2016年度の賃貸契約者調査の結果(2017年5月実施)をまとめましたので一部を抜粋してご報告申し上げます。


――――――――――
■調査トピックス
――――――――――

●部屋探し開始から契約するまでの期間は、平均18.7日。過去3年で最短。 8割以上の人が「1日~30日(1ヶ月)未満」で契約をしている。(4P)

●通勤時間は平均40.5分。過去3年で最短。「30分未満」が3割弱を占める。(7P)

●「駅からの距離」 より「間取り」「設備」「内装」を優先する。
「耐震性」「外装」「遮音性」「断熱・省エネ性」は優先度が低い。(8P

●次に引っ越すときに欲しい設備は「エアコン付き」「都市ガス」「TVモニター付インターフォン」が上位。昨年より「Wi-Fi」「浴室乾燥機」「宅配BOX」などの必要度が高まった。(9P)

●魅力を感じる付帯サービスは「家賃ポイントシステム」 が1位。「エアコンの定期清掃サービス」「24時間カスタマーセンター」「クレジットカード決済サービス」の魅力度も高い。(10P)
年代別では年代の若い層は“クリーニング関連サービス”に魅力を感じやすい。(11P)

●実家と一人暮らしした賃貸の住宅性能の満足度を比較すると【~20代】では実家、【30代以上】では賃貸契約物件の満足度が高い。(12P)



<調査概要>
■調査目的
 2016年度に賃貸物件を契約した人の行動実態を把握すること
■調査対象
 下記条件を満たすマクロミルモニタの男女個人
 1.現在の居住形態が「賃貸」である
 2.上記の「賃貸」住宅への入居時期が2016年4月1日~2017年3月31日である
 3.上記「賃貸」住宅の物件選びに関与した
 4.1年以内にお部屋探し(賃貸住宅)に関するアンケートに答えていない
 5.回答者本人が調査業・広告代理業でない

■調査地域
1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)
■調査方法
 インターネットリサーチ
■調査時期
 スクリーニング調査:2017年5月17日~6月26日
 本調査:2017年5月27日~6月25日

■本調査有効回答数
 682サンプル(1都3県)

調査結果詳細はこちらから
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]