logo

ブリヂストンのソリューションビジネスをリードする データサイエンティストの人材育成プログラムをSASと共同開設


株式会社ブリヂストン(以下 ブリヂストン)は、当社が推進しているソリューションビジネスをリードするデータサイエンティストを育成するための独自の研修プログラムをSAS Institute Japan株式会社(以下 SAS)と共同で開設し、運用を開始しました。

ブリヂストンは、商品企画、開発、製造、販売、お客様の製品使用過程など、バリューチェーンの各ステージで蓄積されたビッグデータやお客様ニーズなどの各種情報を、迅速かつ効果的に分析・解析し、課題把握から、その解決策まで一気通貫で対応できるデータサイエンティストの早期育成を目指しています。

この研修プログラムを通して、各ステージにデータサイエンティストを育成することで、ソリューションビジネスの質を更に高め、お客様への提供価値の向上を実現できると考えています。
SASは、ブリヂストンのデータサイエンティスト育成にかける高い志に賛同し、既存のトレーニングプログラムをブリヂストン向けにカスタマイズし、ブリヂストン社内のデータサイエンティスト早期育成を支援することとしました。このようにSASでは日本企業が抱えるデータサイエンティスト不足と育成への不安を解決する手助けとして、SASが力を注いでいる教育事業・トレーニングプログラムを今後とも提供してまいります。
リンク

【研修プログラム概要】
第1回は社員23名を対象に研修プログラムを実施致しました。
ブリヂストンは、2017年1月に、デジタルソリューションを推進するための専門組織「デジタルソリューションセンター」を新設しました。今後も、ICTや最先端技術の積極的な活用により、新たな価値を創出できる人材育成やビジネスモデルの開発など、全社バリューチェーンを通じたイノベーションを推進して参ります。
ブリヂストンの目指すデータサイエンティストの概要は以下のとおりです。

1. データサイエンティストに必要なスキルセット※1
(1)ビジネス力
課題背景を理解した上で、ビジネス課題を整理し、解決する力

(2)データサイエンス力
情報処理、人工知能、統計学などの情報科学系の知恵を理解し、使う力

(3)データエンジニア力
データサイエンスを意味のある形に使えるようにし、実装、運用できるようにする力

2. データサイエンティストの育成目標
早期に100名のデータサイエンティストの育成を目指します。

※1 一般社団法人データサイエンティスト協会プレスリリース(2014年12月10日)から引用。

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]