logo

Dr.Web 11.0に含まれるコンポーネントをアップデート

Doctor Webは、一部のDr.Web製品に含まれるSpIDer Agent for Windows (11.0.20.08290)、 Dr.Web Updater (11.0.28.08160)、 Dr.Web Control Service (11.0.20.08310 と 11.0.19.08310)およびコンフィギュレーションスクリプトLua-script for dws-parental-control (11.0.6.08220)をアップデートしました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されました。

###

Dr.Web Security SpaceおよびDr.Web Anti-virusに含まれるAgentでは、以下の変更が加えられました。
ライセンス有効期間終了後に新しいキーファイルが追加される際、Agentのメニューではコンポーネントおよびスキャナーが無効であるかのように表示される問題が解決されました。

Dr.Web Updaterでは、以下の変更が加えられました。
ProgramDataフォルダへのアクセスが無かった場合に、更新時にエラーが表示される問題が解決されました。

Dr.Web Security Space、 Dr.Web Anti-virusおよびDr.Web Anti-virus for Windows file serversに含まれるDr.Web Control Service (11.0.20.08310)およびDr.Web AV-Deskに含まれるDr.Web Control Service (11.0.19.08310)では、以下の変更が加えられました。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]