logo

教育情報セキュリティガイドライン推奨の「3つのネットワークセグメント間でのファイル交換機能」を2017年11月より出荷開始

株式会社プロット 2017年09月01日 14時00分
From DreamNews

株式会社プロット(本社:大阪市北区、代表取締役社長:津島裕、略記:プロット)は、教育情報セキュリティガイドライン上で推奨されている「3つに分離されたネットワーク間」での安全なファイル交換を実現する為、全国150以上の自治体に採用されている、ファイル無害化も出来るネットワーク間ファイル交換システム「 Smooth File ネットワーク分離モデル」に、新機能「3セグメント対応オプション」を追加し、2017年11月1日より出荷開始する事を発表いたします。

<新機能リリースの背景>
 2017年7月4日に文部科学省より発表された「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン(案)」では、校内ネットワークを「学習系」「校務外部接続系」「校務系」の3つに分割する事で、悪意ある攻撃を受けマルウェア感染したとしても、重要ネットワークである「校務系」への侵入を防御する事を推奨しています。
 実際の運用の中ではこの3つに分割されたネットワーク間でのファイル移動・交換が発生し、その際に「上長承認」やファイルを安全にする「ファイル無害化」などが必要になると考えられます。従来の「 Smooth File ネットワーク分離モデル」は、2つに分割されたネットワーク間での安全なファイルのやり取りを実現していますが、3つのネットワーク間でのファイルのやり取りには対応しておらず、3つのネットワークセグメント間全てのファイル交換を実現する場合は、3台の Smooth File ネットワーク分離モデルをそれぞれのネットワーク間に設置する必要性があり、コスト面や管理面、そしてユーザーの利便性において課題がございました。

<本リリースにおけるポイント>
 今回リリースする「3セグメント対応オプション」では、3つのネットワーク間で発生する6通りのファイルのやり取りを Smooth File ネットワーク分離モデル1台で対応可能とします。

 「(1)校務外部系から校務系」「(2)校務外部系から学習系」「(3)学習系から校務系」「(4)学習系から校務外部系」「(5)校務系から学習系」「(6)校務系から校務外部系」これらすべてのファイルやり取りを1台で対応し、且つ全ての操作のログを取得します。また、ファイルの送り先に合わせて「上長承認」「ファイル無害化の必要性」などを細かく設定できる為、組織のセキュリティ運用の実情に合わられる柔軟性も特徴です。

これにより、従来2つのネットワーク間で1台ずつ必要だった Smooth File ネットワーク分離モデルを、1台で3つのネットワーク間のファイル交換に利用できるようになるため、システム導入コストの削減、管理コストの削減、ユーザー負荷の軽減を同時に実現する事ができ、教育情報セキュリティガイドラインに準拠したネットワーク構築を行われる団体様に大きなメリットをご提供できます。

 また Smooth File ネットワーク分離モデルは、異なるネットワーク間でのファイルの交換時にファイル内の「マクロスクリプト」や「埋め込みオブジェクト(OLE)」などといった危険因子を取り除く「ファイル無害化機能」を持つことが特徴であり、この「ファイル無害化」も教育情報セキュリティガイドライン上で推奨されております。

<今後の展開>
 今後は「3セグメント対応オプション」以外にも、実際の文教の現場のご意見も取り入れながら、ニーズに合わせた更なる拡張を随時行い、ユーザーにとって使いやすく利便性は下げずにリスクから組織を守る様々な価値をご提供していく予定です。
<製品詳細URL>
リンク
<リリース詳細>
リリース詳細はこちらをご覧ください(PDF)
リンク
※PDFファイルをご覧になる時は「アドビシステムズ社」のAdobe Readerが必要です。


Smooth File ネットワーク分離モデルについて
プロットが開発・提供する、分離されたネットワーク間での安全なファイル交換を実現する「ファイル交換ソリューション」。Microsoft OfficeファイルやPDFファイル、画像ファイルから、マクロ領域やメタ領域・スクリプト領域、埋め込みオブジェクトなどを除去する事で、安全に利用できる状態に消毒を行う「ファイル無害化機能」を実装している事を特徴とし、全国34都道府県、150を超える自治体に導入される実績を持つ。
インターネット系ネットワークと基幹系ネットワーク間での全てのファイルのやり取りのログを蓄積する事は勿論、ファイル移動時の上長承認機能や各種制限などを、導入組織のセキュリティポリシーに合わせた、柔軟な運用利便性も評価されている。
リンク

プロットについて
1968年創業の開発会社。主な事業として、パッケージ製品の開発、クラウドサービスの運営を行っています。パッケージ製品・サービスとして、ファイル送受信の効率化、ファイル・メールの無害化対策、メールの誤送信対策、メールのアーカイブなどITを利用した企業間コミュニケーションの利便性や安全性を高めるソリューションを提供しています。

ニュースリリース・製品に関するお問い合わせ
株式会社プロット 広報担当:坂田
TEL:06-6341-8360、03-5730-1400
URL:リンク

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。