logo

世界のフローリストが登録!誰でも気軽に簡単お花のレシピ動画「FuraRepi」正式リリース

株式会社FuraRepi Corporation 2017年09月01日 12時00分
From PR TIMES

生花の新たな需要創造の事業を展開する株式会社FuraRepi corporation(本社:大分県大分市 代表取締役社長:長田安広、以下 FuraRepi)は、日常の気軽さを大切に、世界で活躍するフローリストが、身近なお花の飾り方やアイデアをわかりやすく簡単に、消費者がすぐ試してみたくなるようなお花のレシピ動画ポータルサイト「FuraRepi」を、2017年9 月1 日(金)に正式リリースいたします。



[動画: リンク ]



■お花のレシピ動画ポータルサイト「FuraRepi」について
FuraRepiは、花業界の抱える「家庭にお花を飾る消費」が減少を続ける課題を解決するため、世界初となる花の飾り方レシピに特化したポータルサイトを通じて、新しい花のライフスタイルを創造していく会社です。
この度、第一弾の取り組みである、 花の専門店(フローリスト)と消費者とをマッチングする、花の飾り方レシピに特化した動画ポータルサイト「FuraRepi」を正式リリースしました。
[画像1: リンク ]


「FuraRepi」では、お花のレシピ制作のコンセプトと撮影ノウハウをもとに、世界で活躍するフローリストと一緒に製品やお花のレシピの制作を行っています。お花の特徴を引き出すための企画、絵コンテを作成し、フローリストがつくりだすお花本来のもつ美しさやアイデアを撮影し、センスよく、楽しく飾れる方法をお客様へ伝わるように編集してサイトにアップいたします。また、レシピ動画に使用した花や花瓶は、サイトに登録されている「FuraRepi販売店」から購入できるように紹介されています。

「FuraRepi販売店」は基準を満たす花の専門店であればサイト登録ができます。

本サービスは、先進諸国の中で、切花の消費が最低レベルである日本の花マーケットを改善させ「花農家、花屋の新しい販路を広げ、日本にお花のある暮らしとお花を飾ることでの身近な人とのコミュニケーションサイクルを創る」という創業メンバーの想いから生まれました。
そもそも日本は古来の季節(五節句など)の花を楽しむこと、愛でることで培われた感性を大切にしていました。しかし、いつしかお花を家庭に飾ることが敷居の高い行為になってしまったように思います。
今後の日本において、花を通じて養われてきた心の機微のような感性や文化を大切に、現代社会に浸透できる形で残していきたいという想いがあります。

利用者に対するテストを重ね、その結果を元にサイトを構築し、お花で身近なコミュニケーションサイクル創りにオランダ、ニューヨークのフローリストを含む、全16名のフローリストの登録をもってサービスを正式に開始します。
※掲載数は変動することがあります
[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]


■「FuraRepi」の特徴
1.ひとつのレシピのお花代は市場販売価格で500円から購入でき、街の花屋さんで簡単に購入できる花材を使用しています。
2.お花を入れる花器は活けやすい器をセレクトしている他に、100均で購入できるものや、ペットボトル、家庭で使わなくなったワイングラスやプレートなど身近にあるものをセンス良く利用しています。
3.フラワーアレンジメントのように複数の花材を使用するのではなく、少数の花材とグリーンを使用して、プロのフローリストがお花本来の美しさやアイデアをセンスよく飾れるように紹介しています。
4.プロのフローリストの技術とアイデアを「誰でも動画を見れば真似できる」というコンセプトをもとに制作しています。
5.季節のお花や、母の日やクリスマスなどの記念日また、5節句など、日本の伝統的な文化から身近な季節や記念日に合わせたお花のレシピを紹介しています。また視聴者が便利にレシピを検索できるように、月別やイベント別、飾る場所や誕生日など飾るシーンなどのカテゴリーでレシピを調べることができます。
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


■市場調査をもとに花の新しい販路を開拓するための施策
総務省「単身世帯収支調査年報」および「家計調査年報」によると二人以上の世帯の切花及び園芸品・同用品の年間購入金額は、平成10年より減少を続けています。
特に20代から50代のお花離れに歯止めをかけることが出来ず、花農家、生花店は淘汰の一途をたどっています。
お花のレシピ動画ポータルサイト「FuraRepi」がお客様にお花を飾る楽しみ方やアイデアをご提供し、日本にお花のある暮らしとお花を飾ることでの身近な人とのコミュニケーションサイクルを創る一翼を担えるように推進いたします。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。