logo

デジタルハリウッド大阪校で博報堂アイ・スタジオによる特別セミナー『インターフェースに夢を乗せて。』開催

「本科UI/UXD専攻」開講記念イベントとして開催

デジタルハリウッド大阪校では、博報堂アイ・スタジオの小野翔太郎氏をお招きし、特別セミナーを開催します。
デザイナーとして新卒入社し、現在も最前線で活躍されている小野氏に『デザインの面白み』や『クリエイティブに対する考え方』など、さまざまな視点からお話していただきます。



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド]の大阪校では、博報堂アイ・スタジオの小野翔太郎氏をお招きし、特別セミナーを開催します。
[画像1: リンク ]


 企業理念である"Interactive Creative Frontline"、行動指針である"Communicate!""Active!" "Prompt!""Special!"、そして、顧客の顧客にまで思いを馳せる「顧客愛」という価値観のもとに全社員がこのスローガンを胸に掲げ、世界とつながる、Digital Experience創造企業を目指している博報堂アイ・スタジオ。

 今回は、そのクリエイティブ集団にデザイナーとして新卒入社し、現在も最前線で活躍されている小野氏に『デザインの面白み』や『クリエイティブに対する考え方』など、さまざまな視点からご講演いただきます。

 デザインに興味のある方やデザインを学んでいる方、そして既にデザイナーとして活躍されている方など、どなたでもご参加いただける内容になっております。

 また、セミナー開始前には、デジタルハリウッド大阪校の新規開講講座『本科UI/UXD専攻』および『専科Webデザイナー専攻』の個別スクール説明会を同日に開催します。デザイン業界に興味がある方はセミナーと併せてご参加ください。


【セミナータイトル】

博報堂アイ・スタジオ 小野翔太郎氏による特別セミナー
『インターフェースに夢を乗せて。』


【内容】

・プロフィール
・なぜWebデザイナーを仕事に選んだのか。
・博報堂アイ・スタジオの仕事
・博報堂アイ・スタジオの強み
・作品紹介&その裏側
・Webデザインの面白み/今後の可能性
・質疑応答


【講演者】

株式会社博報堂アイ・スタジオ
小野翔太郎氏
[画像2: リンク ]


宮崎県出身
京都工芸繊維大学 工芸科学部 造形工学課程 卒業
2013年4月に博報堂アイ・スタジオのデザイナーとして入社。
コンサルティング事業部に配属後、大規模サイト制作を主軸としたデザインを担当。
現在は今春から新設されたクリエイティブ部に配属。


【開催概要】

開催日:2017年9月16日(土)17:00~18:30

開催校:デジタルハリウッド大阪校(大阪府大阪市北区鶴野町4-11 朝日プラザ梅田ビル2F)

アクセス:リンク

参加費:無料

お申込みはこちら:リンク

※希望者には、セミナーの前にスクール説明会のご用意もしております。


■株式会社博報堂アイ・スタジオ

リンク
[画像3: リンク ]

クライアント企業のWebサイト、プロモーションサイト、キャンペーンサイトの企画制作とそのコンサルティング、それに伴うシステム開発、公開後のPDCAマネジメントから多言語対応まで、一貫したトータルサポートを高クオリティでご提供。さらに、中国やASEAN諸国のクライアント企業へのサポートも同様に行う。
また、近年普及がめざましいスマートデバイス向けのサービス開発やアプリ制作をはじめ、ネット動画マーケティング、SNS、O2O、クラウドサービスといった領域でのソリューション提供にも積極的に取り組んでいる。


■デジタルハリウッド株式会社

リンク

1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。現在、全国に3校の専門スクールと、18校のラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」、そしてeラーニングによる通信講座「デジハリ・オンラインスクール」を展開。 2004年には日本初、株式会社によるビジネス×ICT×クリエイティブの高度人材育成機関「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、翌2005年4月に「デジタルハリウッド大学」を開学。
設立以来、デジタルハリウッド全体で9万人以上の卒業生を輩出している。
さらには、2015年4月、スタートアップ志望者を対象としたエンジニア養成学校『ジーズアカデミーTOKYO』を開校、同年11月には日本初のドローンビジネスを皮切りに、ロボットサービス産業の推進を目的とした『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校した。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。